オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣り餌(エサ)

塩エラコ【三陸岩手海釣り日記】

s_erako.jpg

私が好んで使う釣り餌に「エラコ」(生エラコ、塩エラコ)がある。

エラコとは、環形動物・ケヤリムシ科に属し、主に東北地方の海に生息している生き物だ。。
見た目はイソメのようにグロテスクだ。

しかしながら、「魔法の釣り餌」「万能エサ」とも言われ、
アイナメ、カレイなどに抜群の効果を発揮する。
もちろん、ソイやドンコも食いついてくる。

中でも私が常用しているのは塩エラコ
エラコのむき身をボイルし、塩をしたものだ。
冷蔵庫に入れておけば半年以上保存でき、いつでも何処でも使用できる。

しかも、イソメのように咬むこともないし、クネクネと反抗もしない。

そんな大好きな塩エラコも、いくつかの弱点がある。

 ・1パック500円前後と若干高いところ。
 ・手に臭いがつくところ。
  (しかし臭いがきついから魚が寄るのだからメリットでもある。)
 ・イソメ等に比べてハリから外れやすいところ。
 ・イソメのように動かないため、アピール度が少々落ちること。

だが私はこれらのデメリットを遥かに上回るメリットを感じている。

イソメを触らずに済むだけでも大いに価値があると思っている。
今後も使い続けるだろう。

余談だが、

椎名誠が「全日本食えば食える図鑑」の中でエラコを食べているらしいのだ。
小生も是非読んでみたいと思っている。

これがその本↓



椎名誠の他の著書


貴方も塩エラコ、食べてみませんか・・・じゃなかった、
塩エラコ、釣りエサとして使ってみませんか!?

釣り写真館

アイナメのガン飛ばし【三陸岩手海釣り日記】

s_2006-11-23(3).jpg

いきなりですが、昨日の釣行の際に釣ったアイナメのアップです。
迫力あるでしょう。
こんなのにバクッといかれたら恐いでしょうねー。
イソメがちょっと可哀想。

釣行記−山田漁港

お節介なオジサン【三陸岩手海釣り日記】


【2006/11/23 三陸岩手海釣り日記】

山田ではあまり釣果をあげていないので、良い印象を持っていない。
そんな山田漁港に今日は満を持して臨んだ。
満を持してと言っても、所詮は家族でお弁当を持ってのピクニック釣行。

基本的にはカレイ狙い。

結果は、まあまあの釣果だった。
アイナメ6匹(最大30.5cm)、カレイ5枚(最大17cm)、他カジカ、リュウグウハゼ(こんな時期にもいるんだねー)など。

お目当てのカレイも釣れたのだが、どれもサイズが小さくてガッカリ。

s_2006-11-23(1).jpg

さて、タイトルにある「お節介なオジサン」の話。

少し離れたところで釣りをしていたオジサンが「釣れましたか?」と聞いてきた。
「小さなカレイくらいですね。」と言うと、しばらくして、また来た。

今度は息子に「大きい魚を見せてやるからおいで」といい、
釣った魚を自慢げに見せるのだ。
20cm後半程度の自慢するほどのアイナメでもないのに。

またしばらくして、ワームで遊んでいたらタナゴが集まってきたので、
息子が落ちないように支えながら魚の群れを見せてやってたら、
「危ないよ〜」と寄ってきた。ライフジャケットも着てるし、
何より父親が危なくないように息子を支えているのに・・・。

極めつけは、「ほらこれあげるよ」と言って持ってきたのは、
15cmくらいのアイナメ。
しかも、完全にくたばっている。

一応お礼は言ったが、、、

息子の遊び用にチビアイナメ1匹をキープして既に遊ばせていたし、
その他の20cm以下のアイナメは全て即リリースしているのだ。

うーん、親切に基づく行為なのだろうが、うーん、有り難いのだが、
何と言ったらいいか・・・うーん、うーん、言ってしまおう。
 ・
 ・
 ・
 ・
ウザイ

釣り雑談

釣れる要素【三陸岩手海釣り日記】

最近つくづく考えることがある。

釣れる一番の要素って何だろうってことだ。

人によっていろんなことを言う。

「潮の流れだよ」
「エサによるね」
「仕掛けが全てでしょう」
「やっぱ腕だね」
「経験が物を言うと思うよ」
「気合、気合!」

でも、一番大きいのは、
魚のいるポイントを探し当てること」だと思うのだ。

魚のいないところでどんなに頑張っても釣れない。

逆にポイントにうまく投げ込めば、

どんな仕掛けでも、
多少へたくそでも、
経験がなくても、
ウチの女房でも、息子でも・・・

大抵は釣れちゃうのだ。

その「魚のいるポイント」を探すために、日々試行錯誤を繰り返し、経験を積んでいるのである。
もちろん、潮も仕掛けも道具も経験も気合も必要だ。
でも必要絶対条件のNO1は「ポイント」じゃないかなー、と言いたいわけで。

まあ、こんなド素人のワタシの考えだから、大いに間違っているかも知れないし、ベテランの方は失笑に付するかも知れない。

しかし、こんなことを真剣に考えていること自体がとても楽しいのが素人フィッシングなのである。
偉大なる素人イズムとでも言おうか・・・・・・なんじゃそりゃ?

釣行記−田老港

田老で7目【三陸岩手海釣り日記】

s_2006-11-19(1).jpg

【2006/11/19 三陸岩手海釣り日記】

今日は田老港にて第2回のサークル釣り大会。
サイズ勝負だったので2位に終った。(2位ったって4人中の2位)
しかし回りたいポイント全て回り、7目を釣ったことに大満足。

 @アイナメ 4匹(28cm、以下リリースサイズ)
 Aオウゴンムラソイ 1匹(リリースサイズ)
 Bクロソイ 1匹(リリースサイズ)
 Cカジカ 1匹(リリースサイズ)
 Dクジメ 1匹(23cm)
 Eドンコ 1匹(25.5cm)
 Fカレイ 1匹(26cm)

天気は良かったものの、風が強く若干海が荒れていた。

それにしても驚いたのは、テトラの位置が変わっていたり、
以前ポイントだった岩がなくなったりしていた。
おそらく、あの10月の低気圧の仕業だろう。

さて、次回こそ、アイナメ40、カレイ30をクリアしたいなー。

釣り雑談

魚ランキング【三陸岩手海釣り日記】

高橋哲也氏の釣りDVDを見ていたら、
その中で氏はこう述べている。

自分の釣りたい魚ランキングを作って楽しめ、と。

で、私も常にランキングをして楽しむようにしているが、
結構ランキングがころころ変わる。

今はとういと、
 1位 カレイ
 2位 アイナメ
 3位 ソイ

でもこれからの”のっこみ期”はアイナメが1位になるかも。
今年は40オーバーが目標。

満身のニヤケでこのブログに写真を掲載できる日を楽しみにしている。

釣り雑談

カレイに首っ丈【三陸岩手海釣り日記】

s_2006-11-10-2.jpg

【2006/11/10 三陸岩手海釣り日記】

今日は、高浜にてカレイ2枚。

最近、カレイにハマっている。

理由はいくつかあるのだが、

1.美味い
2.アイナメやソイほど簡単には釣れない
3.何を考えているか分からない

といった理由からカレイが釣りたくて仕方ないのだ。


他の人は結構釣っているように思われるが、
自分はあまりカレイと相性がよくない。
それだけに「釣りたい」という欲求が大きくなるようだ。

カレイって他の魚と較べて、食いの良い時と悪い時が異常に
ハッキリとしているように思える。
食わない時は頑として食わない。
食うときは、上バリも下バリも両方を飲み込んでしまう。
あんなに小さな口でよく一気に吸い込むものだと感心する。

そして、ひとつ厄介なのは針を飲み込まれるので、
外すのに時間がかかること。
かといってモゾモゾ・・というアタリの最中に合わせても掛からないことが多い。

カレイ釣りにあたっては、イソメの長さ、切り方、付け方など、もっと研究すべき課題がたくさんある。

あぁ、釣りって奥深い。

釣り雑談

田舎暮らし【三陸岩手海釣り日記】

s_2006-10-13.jpg

最近、天気の良い日には ただひたすら釣りをするだけでなく、
景色を写真に撮ったりしている。

30年以上東京で育った私にとって、信じられない程の景色なのである。
釣行時にはもちろんのこと、通勤途中の車の中でも、買い物に行く時でも、
東京では見ることができなかった素晴らしい壮大な自然の風景が
私の目の前に立ちはだかるのだ。

そして、この風景を前にした時、
「釣れなくてもイイヨ、この景色があれば。田舎暮らしも捨てたもんじゃないなぁ。」と
心から思える今日この頃なのである。

釣行記−その他

約2分の釣行【三陸岩手海釣り日記】

今日は仕事は休みだが、家族サービスの日と決められている。
つまり釣りをしてはいけない日なのだ。
あぁ辛い。

で、大槌のマストに行くことに。
行く途中には山田、船越、吉里吉里と釣りのポイントが並ぶ。
がまん、がまん。

帰る途中、妻が娘のオムツを替えたいのでどこかで止まってくれと言う。
わたしは大槌漁港に停まった。
オムツを替えるアッという間の時間に、ワームを3〜4投した。

3分にも満たない時間だったが、少し満足。
「アル中」ならぬ「釣り中」だ・・・。

釣り写真館

カレイのアップ【三陸岩手海釣り日記】

s_2006-11-10.jpg

どうですか、ボクのアップ。
イケメンでしょう!?

でも、どうしてカレイの口はわざわざ横向いてるんだろう。
なんか不自然

釣行記−高浜

賢い我が子【三陸岩手海釣り日記】

【2006/11/5 三陸岩手海釣り日記】

今日も高浜に釣行。

いつもと違うのは幼稚園の息子を同伴していること。

息子を釣りに連れていくと、いつも喧嘩になる。
海に落ちるのが恐いし、竿を振り回して自分または他人に針が引っ掛かったりするのも恐い。

今日は購入した子供用ライフジャケットを着せ、
仕掛けはオモリだけを付けてごまかしていた。

illust-16.gif

30分ほどして、息子が言った。

おとうさん、ぼくのにも針を付けてよ。これじゃー釣れないと思うよ。

あっ、ついにバレてしまった!(汗)≫ \(゜ロ\)(/ロ゜)/

かろうじて動揺を隠しながら
「大丈夫だよ、そのオモリ美味しそうだから魚がパクって食いつくかも知れないだろ。そしたら、すぐに竿を上げるんだぞー。」(-。-)y-.。o○

息子「えぇーだってさー、○×!#?$%」

その後も、ああでもない、こうでもない、と息子と押し問答。

結局、釣りにならず再びボウズ。

今までは適当なこと言って誤魔化せた息子も段々と賢くなってきているようだ。
うれしいような、めんどうなような・・・。

釣行記−蛸の浜

蚊帳の外【三陸岩手海釣り日記】

【2006/11/4 三陸岩手海釣り日記】

晴天、土曜の蛸の浜。
老若男女が釣りを楽しんでいる。

大物を期待してワームでの釣行。

友人が青イソメで30弱のアイナメを釣り上げている。
今日はいつも以上に皆釣れているようだ。

「今日はワームの練習」と自らを言い聞かせ、ひたすらキャスティング。
しかしながら、最後までヒットせず。

あぁ、蚊帳の外って感じ・・・。
こんな日もあるさ(泣)。もうやだ〜(悲しい顔)

釣行記−高浜

ソイ君、感動をありがとう!【三陸岩手海釣り日記】

s_2006-11-2.jpg

【2006/11/2 三陸岩手海釣り日記】

高浜にて、赤のカーリーテール3インチのワームでクロソイ31cm
 
ソイの30オーバーは自己記録
 
最後までグイグイと竿をひん曲げてくれました。
 
タモを持っていかなかったので(ボウズ癖?)、
水面からは《切れないでぇーっと祈りながら》手で糸を引っ張ってフィニッシュ。

それにしてもアイナメもソイもだんだんサイズが大きくなってきました。
いよいよ大物シーズン到来ってところでしょうか。

釣行記−宿漁港

低気圧のツメ跡【三陸岩手海釣り日記】

【2006/11/1 三陸岩手海釣り日記】

久しぶりの宿漁港への釣行も見事にボウズ。
しかし、10月の低気圧の被害の大きさを改めて目のあたりにしたわけで。
自然の脅威を皆さんもご覧あれ。

s_2006-11-1(1).jpg

s_2006-11-1(2).jpg

s_2006-11-1(3).jpg



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。