オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣行記−大沢漁港

ダブルショック【三陸岩手海釣り日記】

 
【2007/1/28 三陸岩手海釣り日記】

今日は船越漁港でサークルの釣り大会・・・の予定でしたが、昨日の雨雪のため、また予報では回復の見込みもないため昨晩に中止の決定。
illust-09.gif

しかしながら、今日になってみたら晴天。

この落胆は釣りで消し去るしかないと思い、昨年大晦日にウハウハの釣果をあげた大沢漁港に午後から釣行。

昨日とはうって変わり凪に近い状態で、水も透き通っている。しかしながら、かなりの干潮。

投げ竿を置き竿にして、もう1本はブラーをつけてキャスティング。
釣り餌(エサ)は、塩エラコとサンマの切り身。

置き竿の鈴は一向に鳴らず、ブラーにもアタリは1回きり。用事があるので15:30には退散。

暖冬の割にはアタリが少なくなってきた。そろそろアイナメ、ソイ、カレイはあきらめて、チカあたりに照準を変えた方が良いのかも知れない。
 

釣り雑談

ダイオウイカ【三陸岩手海釣り日記】

ダイオウイカ【三陸岩手海釣り日記】

2007年1月25日、島根県出雲市の田儀港で全長6.73m、重さ70キロのダイオウイカが見つかり、研究のため東京・上野公園の国立科学博物館に運ばれたというニュースがありました。
日本海沿岸では2年に1匹程度しか揚がらないが、昨年12月から4例目となり、博物館の担当者は「特異なことで、はっきりした理由はわからない」と首をひねっているらしいです。
出雲市の漁師が夕方に港に戻る途中、既に死んでいるダイオウイカが海面に漂っているのを発見したようす。
沖縄周辺のイカが対馬海流に流され、日本海の水の冷たさで弱って浮いてきた可能性があるらしいですね。


ところで、イカに関するイカしたサイトを見つけました。
けっこう笑えます。

世界イカ奇行

※ダイオウイカの写真も一番下の方にあります。

大物ランキング

〜大物ランキング〜アイナメ部門【三陸岩手海釣り日記】

〜 大物ランキング 〜
アイナメ部門【三陸岩手海釣り日記】


■1位■
【2007/1/1】45cm(出崎埠頭)
 ※投げ仕掛け&塩エラコ
2007-1-1.jpg

■2位■
【2006/12/13】38cm(蛸の浜)
 ※投げ仕掛け&青イソメ
2006-12-13s.jpg

■3位■
【2006/1/7】34cm(田老漁港)
 ※赤ブラー&塩エラコ
s_2006-1-7.jpg

大物ランキング

〜大物釣りランキング〜カレイ部門【三陸岩手海釣り日記】

〜 大物釣りランキング 〜
カレイ部門【三陸岩手海釣り日記】

(※船釣り除く)

■1位■
【2007/6/3】36cmナメタ(吉里吉里)
ナメタガレイ

■2位■
【2006/11/19】26cmイシガレイ(田老漁港)
s_2006-11-19(1).jpg

■3位■
【2006/11/10】23.5cmイシガレイ(高浜)
s_2006-11-10.jpg

 

大物ランキング

〜大物釣りランキング〜カジカ部門【三陸岩手海釣り日記】

〜 大物釣りランキング 〜
カジカ部門【三陸岩手海釣り日記】


■1位■
【2006/12/31】39cm(大沢漁港)
 ※白ブラー&サンマの切り身
tt_2006-12-31.jpg

■2位■
【2006/12/31】37cm(大沢漁港)
 ※白ブラー&サンマの切り身
(写真は同上)

■3位■
【2006/2/19】34cm(田老漁港)
 ※テトラ穴にて赤ブラクリ&塩エラコ
s_2006-2-19.jpg

 

大物ランキング

〜大物釣りランキング〜ソイ部門【三陸岩手海釣り日記】

〜 大物釣りランキング 〜
ソイ部門【三陸岩手海釣り日記】


■1位■
【2006/11/2】31cm(高浜漁港)
 ※赤のカーリーテール3インチワーム
s_2006-11-2.jpg

■2位■
【2007/11/1】29cm(高浜漁港)
 ※緑のカーリーテール3インチワーム
ソイ29cm

■3位■
【2006/1/7】28cm(田老漁港)
 ※赤ブラー&塩エラコ
(写真なし)

■3位■
【2005/11/5】28cm(高浜漁港)
 ※金ブラー&塩エラコ
s_2005-11-5.jpg

 

大物ランキング

〜大物釣りランキング〜外道部門【三陸岩手海釣り日記】

〜 大物釣りランキング 〜
外道部門【三陸岩手海釣り日記】


■1位■
【2006.7.11】37cmウグイ(大沢)
ウグイ

■2位■
【2005.10.13】31cmギンポ(船越)

■3位■
【2005.11.5】30cmギンポ(高浜)

※ギンポはキモイので写真も撮りません・・・。

【三陸岩手海釣り日記】

釣行記−出崎埠頭

タコ釣り面白そう!の巻【三陸岩手海釣り日記】

【2007/1/20 三陸岩手海釣り日記】

元旦にモンスターアイナメをやっつけた出崎埠頭で軽く2時間ほど。
投げ仕掛けを置き竿にして、ルアー竿で足元を狙う。
しかしながら、釣れたのは足元で15cmにも満たないカジカ1匹。
今日は水温が低いであろう河口側で釣りをしたので、まあそんなもんだろう。

それより目立ったのはタコ釣りをしているおじさんたち。
竿をコンコンと小突きながらヘチを歩き回っていた。
仕掛けを見ると派手〜なお祭り仕掛け。

タコ釣りの仕掛けってこんなヤツです。↓


で、あるおじさんの仕掛けにタコが掛かった様子。
しかし、途中でタコがヘチにへばりついたようだ。
上げようとしても上がらない。

タコはヘチに張り付かれるとまず上げるのは困難だという。
おじさんは10分以上格闘していたが、最後はあきらめてラインを思いっきり引き上げて案の定プッツン。

でも結構おもしろそう。
今度研究してやってみようかなぁ。

 

釣行記−高浜

水温低下?【三陸岩手海釣り日記】

【2007/1/11 三陸岩手海釣り日記】

仕事前にホームグラウンドである高浜へ釣行。

11月に30オーバーのソイを釣り上げたポイントでワームを投げたが、アタリはわずか2〜3回。釣れたのは15cm程度のカジカ1匹。しかも、根掛かりでロストしたワームは4〜5本。

水温が下がってきたのか。
高浜は12月後半以降になるとピタっとアタリが止まるのが特徴のようだ。

しかしながら、まだ場所によっては結構釣れるはず。
これからは徐々に少しでも南の漁港に行くべきかも知れない。

もう一度でいい、年度内に40オーバーの引きを楽しみたいものだ。

釣り写真館

浄土ヶ浜【三陸岩手海釣り日記】

s2006-12-26.jpg

 「さならがら極楽浄土の如し」と言われた浄土ヶ浜です。

 岩手県宮古市にある浄土ヶ浜(じょうどがはま)は、陸中海岸国立公園に属し、三陸を代表する景勝地です。
 釣りの方はと言いますと、釣り向けの防波堤のようなものはありませんが、結構いいサイズが出ますよ!

釣り雑談

エラコを食する【三陸岩手海釣り日記】

とんでもないものを見つけてしまった。

「おもいっきりテレビ」で2005年あたりに放送したようだが、岩手県野田村では普通にエラコの塩漬けを食べるというのだ。(既にそのページはなくなっているが。)

しかも、村民曰く「ウニよりも美味い」のである。

東北土産として「エラコの塩辛」もどこかにあるという話。

釣り餌(エサ)としか認識していない私としては、「うーん」と唸るしかない。

釣行記−出崎埠頭

アイナメ45cm〜元旦の奇跡【三陸岩手海釣り日記】

s_2007-1-1.jpg

【2007/1/1 三陸岩手海釣り日記】

元旦、午後から暇をもらいモンスターアイナメを狙って出崎埠頭に釣行。
ただし、タイムリミットは15:30、つまり2時間半のみ。

用意した2本針の少し凝った仕掛けを投げ竿に、ブラーをルアー竿に。
釣り餌(エサ)は塩エラコ。

30分ほどした頃、その瞬間は来た。

チリンと大きく鈴が鳴ったかと思うと、ラインがゆるゆるにたるんだ。
「これは間違いなく食ってる」
そう思った瞬間大きく合わせると、すごい引きだ。
私の釣り体験の中ではズバ抜けて強烈な引きで、グイグイと最初から最後まで休む暇なく暴れている。

きっと何かとてつもない魚かも知れないと思った。
海釣りは時にサメやエイなど、とんでもない魚も掛かることがあるのだ。

興奮していたので判らないが、タモまで引き寄せるのには結構な時間がかかったと思う。その間、何が釣れているのか、ぐるぐるといろんな想像をしていた。

アイナメにしてはあまりに強烈すぎる。巨大カレイ?いや、最初から最後まで暴れまくりってことはないはず。これがハモってやつ(ウミヘビみたいな奴)なのか、あるいはエイやサメなどの類かも知れない。いずれにせよ、20や30cmのレベルではないな・・・。いったい何が掛かっているんだ!?」

ようやくその姿が見え、アイナメと確認できた。
神のお告げか、珍しく今日はタモを手元に用意していた。

間違いなく上げた時には、心臓バクバク、足はガクガク、手は震えていた。
大型のアイナメになると、あんなに凄まじい引きが楽しめるのだ。しかし、船ではなく、また磯からでもなく、普通の埠頭から釣る45cmはさすがに少ないはずだ。

通るおじさん、おばさん達が口々に「ひぇー!ここで釣れたの?」と驚いて見ていく。ワタシは叫びたい気持ちを必死に抑えながら、冷静に会話をしたが、きっと「うれぴぃーーー(^O^)/」って顔に書いてあったことだろう。

illust-01.gif

まさに元旦の奇跡。これだから海釣りは面白い。
やめられないのだ。



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。