オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

エチゼンクラゲ

エチゼンクラゲをおいしく食べる加工マニュアル刊行【三陸岩手海釣り日記】

エチゼンクラゲをおいしく食べる加工マニュアル刊行
【三陸岩手海釣り日記】


2007年3月27日22時42分配信の毎日新聞ニュースで、興味深い記事が載っていたのでご紹介する。
--------------------------------------------------------------
 独立行政法人の水産総合研究センターは、大型クラゲ(エチゼンクラゲ)を使った食品を紹介する「大型クラゲ加工マニュアル」を刊行した。
 大型クラゲは、このところ毎年のように日本の沿岸に大量に現れ、大きな漁業被害を与えている。このやっかいものを有効利用するため、同センターはクラゲの水分を効率的に取り除く方法や、おいしく食べられる加工法を研究。成果を冊子にまとめ、都道府県を通じて各地の水産加工メーカーや飲食業者に配布した。
 マニュアルでは、中華風クラゲ、ゼリー、コンニャク、せんべい、粕(かす)漬けなど、クラゲを原料にした約30種類の食品の作り方を紹介。同センターは「マニュアルをヒントに、クラゲの利用を拡大してほしい。地域の特産品になれば」とPRする。同センターのホームページ(http://www.fra.affrc.go.jp/)でも全文を公開している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000137-mai-soci
--------------------------------------------------------------
美容に良いとされるコラーゲンを含んだ食材として、今後は注目されるかも知れない。
漁具被害や漁獲物の品質低下を引き起こす問題児エチゼンクラゲを撃退でき、なおかつ美味しく食べられれば、こんなに都合の良いことはないだろう。
エチゼンクラゲ、ブレイクの予感!・・・無理か・・・。

釣行記−高浜

釣れない釣りをする【三陸岩手海釣り日記】

【2007.3.25 三陸岩手海釣り日記】

今日は朝から妙に暖かかった。
何かと忙しいのだが、前回の釣行(釣行と言えるのかどうか疑問だったが)からもう20日以上、竿を握っていない。

もはや釣れるとか釣れないの問題ではない。
竿を持ちたい、仕掛けを投げたい、リールを巻きたいのである。

釣り吉からすれば「極めて当たり前のこと」なのだが、妻に言わせれば「病気」なのだ。

とにかく午後から行こうと決めた。
選択肢は2つ。
1つは、一人で釣れそうなところに行き、釣れる釣りをする。田老漁港のテトラ狙いといったところか。
もう1つは、息子を連れて釣れない釣りをしにいく。波のない比較的安全な高浜あたりになるだろう。

しかし迷うまでもなく、妻の命令により後者に決まった(泣)。

いつもの高浜に行き、釣れても十数cmのカジカ、あわよくばソイという感じで釣りを開始。もちろん息子にはライフジャケットを着せ、オモリだけを付けた竿を用意した。いつものように息子は飽きてくると竿を大きく振る。針が付いていないとはいえ危ないので何度も注意をする。

私「このオモリな、頭に当ったら痛いぞ〜。気をつけた方がいいんだぞ。」
息子「うん、わかった。」

その直後である。
「いたたたた・・・」
小さな声が聞こえる。
思った通り、竿を振って自分の頭にオモリをぶつけたのだ。
その後、息子はおとなしくなったが、肝心の私の竿はピクリともしない。
予想通りといえば予想通りなのだが、既にブラーを2つロストしていることもあり、せめてアタリだけでもこの手で感じたいと思い、キャスティングを続けたが無駄な抵抗だった。

結局、釣れたのは丸々と太った海鼠(ナマコ)1匹。

 「小石にも 魚にもならず 海鼠哉」(子規)

まあ、今日は息子と遊ぶことができたし、潮風にあたることができたので良しとしよう。
 

釣り雑談

海鼠(なまこ)を考えてみる【三陸岩手海釣り日記】

時々釣り針に掛かってきてヒトデと並んでガクッとする海鼠なまこ)。
なまこ・・・調べてみると結構おもしろい生物のようである。

海の巨大イモ虫のようなナマコは500を超える種類があるらしい。
真ナマコはウニやヒトデの仲間で「棘皮動物(きょくひどうぶつ)」と言うらしい。

ナマコは古くは「海鼠」と書いて「コ」と呼ばれていた。
生の「コ」で「ナマコ」とか、なめらかな「滑りコ」がナマコになったとか諸説がある。
有名な珍味「このわた」は「海鼠腸」という漢字であることからも理解できる。
海鼠」という漢字は、「海の中で夜になると海底を動き廻るネズミに似た生き物」だから海の鼠と書くらしい。

ほぼ日本全土に分布する見た目が極めてよろしくないこの真ナマコは、イソギンチャクの様に口が触手に囲まれていて、反対側には肛門があるのだが、敵の魚に襲われた時には白いネバネバの糸を吐きかけ、これが付着するとなかなか取れない。また一層のピンチの際には、なんと自分の内臓を吐き出して相手を威嚇するのである。そして、内臓を吐き出すと体はペッチャンコになるが、2〜3ヶ月で再生するという。
ユニークでおかしくもあるが、何とも気味の悪い生き物だ。

このナマコが内臓を体外に出すことを利用し、ナマコの腸を塩辛にしたものが日本の三大珍味の1つ「海鼠腸(このわた)」である。
ちなみに三大珍味とは、越前の雲丹(うに)、長崎の唐墨(からすみ)、三河の海鼠腸(このわた)。

海鼠腸ではなくナマコ本体も、ワカメ、キュウリなどと一緒に三杯酢で酢の物にして生食して食べられることが多い。
また、煮干したもので中華料理の食材として用いられる「煎海鼠(いりこ)」などもある。
なまこの酢の物は居酒屋のお通しかなにかで出てきて食べたことがあるような気もするが、気のせいかも知れない。

カロリーが低いが「海の人参」とも呼ばれ、骨片に含まれるコンドロイチンが内臓や皮膚の老化を予防するらしい。
また、ナマコの身は消化もよく、昔から肝臓の働きを活発にし酒毒を中和すると言われ、酒の肴として用いられてきた。

それでもなお、あのグロテスクな姿を目にしてしまうと、あまり食べたいとは思えない。
それより何より、私の釣りの邪魔をして欲しくないナマコなのである。(ん?ナマコの平和な生活を私が邪魔してるのか・・・)

 

釣り雑談

釣りDVD『Rock50Method・冬アイナメ』来る【三陸岩手海釣り日記】

釣りDVD『Rock50Method・冬アイナメ』【2007.3.14 三陸岩手海釣り日記】

ついに首を長くして待っていたDVDが届いた。

『Rock50METHOD vol.1 冬アイナメ』

しばらくまともな釣りをしていない私にとって最高のおもちゃが来たのだ。
しかも南三陸で冬アイナメ50cmを狙うという願ってもない内容。

さてさて、さっそく拝見。

ボートを磯場付近へつけた小野寺由彦、正人兄弟のソフトルアーを使った2日間の実釣解説が始まった。
最初は私が釣るような小さなアイナメに始まるが、徐々にサイズもアップ。うーん、久しぶりのアイナメ君の顔を見て早くも興奮。

おぉ、なるほどなるほど。
ん?なんで?
うっ、アタリがきたっ!
ははは、バラシちゃったー。
へぇ〜、そうなんだぁ。
おぉ、きたーっ、竿がしなってるぅーーーっ!
こんな感じの60分だった。

さて、小野兄弟が50オーバーのモンスターアイナメをゲットしたかどうかはDVDを観てね。

季節、数日前に通過した低気圧の影響、当日の天候、陽の位置、岩の位置、底の形状、水の状態、波の具合、潮の干満、アイナメの習性などいろんな要素をミックスさせて考え、ゴーマルのいるポイントを探し出す。
そう!いろんな知識や経験は「魚のいるポイント」を探し出すためのものなのだ。
それさえ出来れば、おそらく私でも釣れるのだ。
魚のいるポイントを探し当てられるか否かがプロと素人、とりわけド素人の私との大きな差なのだろう。
つまり、釣るべくして釣る釣りと、釣れちゃった的な釣りの違いなのだ。
早く前者の域に達したいものだ。

このDVD、ただひとつだけ残念なのは、陸っぱりからのシーンが1つもないこと。

でもあのロッドのひん曲がり具合、丸々としたアイナメの姿を見て、久々にアドレナリンが噴出したのは間違いない。
シーズンインが待ち遠しい。


『Rock50METHOD vol.1 冬アイナメ』


でも、「vol.1」ってことは、2、3、4・・・と続いてくれるんだ。
次はメバルあたりかなぁ。

 

釣り雑談

釣りDVD「冬アイナメRock50」

釣りDVD『冬アイナメRock50』【三陸岩手海釣り日記】

昨晩釣りサークルの飲み会があった。
1人がおもむろに出した地元新聞の切り抜きには「冬アイナメ解説DVD ROCK50」の記事。

釣り東北社発売のアイナメDVDである。
11〜2月の産卵期を意識した冬アイナメの釣り方を50の壁を幾度も乗り越えている小野寺由彦、正人兄弟が実釣解説するという内容。宮城は気仙沼周辺。岩手でないのが残念!値段はお手頃2900円。

こんなDVDを待ってたわけで、これはもう買うしかないでしょう!
さっそくネットで探したら楽天にありました。

冬アイナメ50cm(ゴーマル)DVD

迷わずクリック、注文完了。

楽しみ楽しみ。

 

釣行記−田老港

釣りにならず【三陸岩手海釣り日記】

釣りにならず【2007.3.3 三陸岩手海釣り日記】

今日は久しぶりに時間ができたので単身 田老港へ出撃。
時期も時期なのでテトラの穴釣りしかないと思い、ブラクリ仕掛けを準備し、冷蔵庫から塩エラコを出し、出発。

田老へ到着し、海を見て、天気予報を見ないで出てきたことを後悔した。
2007-3-3tarou.jpg
見事なほどに波が高く、うねりを伴い大荒れだ。
テトラは水をかぶり、高さのある防波堤までが濡れている。
命の危険を感じたので、おとなしく内側へ。
しかしながら、水が茶色に濁っていてとても釣れそうな雰囲気ではない。それでも折角来たのだからと思い、竿を出した。

1時間弱、足元を狙ってみたが、こんな荒れ模様で30cm先も見えないような水の状態では、釣れるはずがない。1つのアタリもなく帰路についた。

それでもホント久しぶりなので、竿を手にできただけでも気持ち良かったのでヨシとしよう。
 


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。