オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣行記−蛸の浜

釣り三昧GW2日目

釣り三昧GW2日目【2007.4.30 三陸岩手海釣り日記】

釣り三昧のGW2日目、午前中は東京からのゲスト夫婦を北山崎まぐりの遊覧船に案内した。思ったより波が高く子供たちが恐がって大変だった。
そして、午後は蛸の浜で釣り。この時期の蛸の浜は期待できないと思ったが、昨日のこともあり、何とかウサを晴らしたいところだ。

2本針にイソメを2匹ずつ垂らして投げたが、目的のカレイは音沙汰なし。2時間経っても鈴はウンともスンとも言わない。
なので、アイナメ、ソイをと思い、もう1本の竿で足元のブロックの穴を狙った。やっとアタリがあったが、小さなカジカ。即リリースして再び足元を攻めた。2度アタリがあったがどっちもバイトに至らず。
3度目のアタリだった。

ゴゴゴンッ、ググーッ

ア、アイナメだっ!
ルアー竿がしなる。昨日ほどの引きではないが小さくはない。
出てきたのはアイナメ32cmだった。4月の陸っぱりで32cmならば上出来。
ツガイでいることを願い、同じ穴に落とした。即ヒット。
水面から出てきたのはドンコだった。ん?アイナメとドンコが同居?アイナメって縄張り意識が強いはず・・・でもドンコなら無害だからOKか(笑)?

ということで、今日の釣果は3目、3匹。カジカ(小)、アイナメ(32cm)、ドンコ(22.5cm)。
満足、満足、かっかっかっか。
2007-4-30

明日は初の船釣りに挑戦。
魚のいるポイントを見つけ出すことこそ釣り。したがって、魚のいるポイントに船頭さんが連れて行ってお膳立てしてくれるのは邪道、との方針はひとまず置いといて、船でカレイを狙ってみたいと思っている。朝4時半起きなので、早く寝なくちゃ。

釣り三昧のGW、毎日がウキウキウハウハだ。

しかし、昨日といい、今日といい、今年はアイナメが早いようだ。

釣行記−出崎埠頭

釣り史上最大の後悔

釣り史上最大の後悔
【2007.4.29 三陸岩手海釣り日記】

釣り三昧のGW。待ちに待ったGWが始まった。
5連休だが、釣り釣り釣り釣り釣り。天候が許す限り毎日釣りをする予定だ。
東北はまだ水温が低いので陸っぱりで釣れる時期ではない。それでもいい。毎日釣りができる喜び。特に釣り好きの義兄が来てるので、妻にも遠慮なく行ける!

今日は、その第1弾。出崎埠頭へ。
カレイ狙いの2本針に青イソメ。1投目でハゼが掛かった。ガッカリしてリリースした。しばらくして、義兄にもハゼ。「ハゼ美味しいから持って帰ろう」というのでリリースせずにキープすることに。東京から来た義兄は「こんなに大きなハゼは関東では船にでも乗らないと釣れない。」と驚いていた。ここ岩手では小さい方なのだが・・・。

しばらくハゼをちょこちょこ釣って、3時を過ぎた頃だろうか。ルアー竿を出し、ブラクリを付けて投げた。何投かした時だった。「ゴツンッ」竿が大きくしなる。グイグイと暴れる。こりゃアイナメの引きだ。しかもデカイ。40オーバークラスの重さだ。なかなか引き寄せられない。それでもどうにか、もう少しで姿が見えるという位置まで来たと思う。その時だ。

「スカッ」

ああああぁぁぁぁぁ・・・・・。







バラした(泣)。

経験者は分かってもらえると思うが、あの時のショックといったら・・・。
しかし実は今日はバラすべくしてバラしたのである。
それはどういうことかと言うと、以前1度使った少し錆びた針を使っていたのだ。貧乏性と言うべきだろうか。以前もこういうことが一度あって、二度と針先が鋭利な状態でないものは使わないと思っていたのだが、この時期はどうせ大物は釣れないだろうと高をくくっていたのだ。取り返しのつかないことをしてしまった。

結局本日は2人でハゼ13匹に終わった。
美味しいハゼの天ぷらを食べることができたが、まだあのグイグイという強い引きの感触、バラした瞬間のスカッという感触、そしてその後の何とも言えない空虚さは後々まで引きずりそうだ。このショックを晴らすには明日の釣りで晴らすほかあるまい。

それにしても今日は悪い夢を見そうだ。

釣行記−船越漁港

船越にて1時間半の釣り【三陸岩手海釣り日記】

船越へ1時間半の釣り
【2007.4.8三陸岩手海釣り日記

妻「今日は子供たちをどこかに連れて行ってよ。」
私「よし、みんなでドライブに行こう!」
妻「釣りじゃないわよね。」(疑)
私「もちろん」(汗)
妻「どこにドライブに行くの?」
私「船越漁港・・・じゃなかった、船越方面へ行こう。」
妻「釣りはしないでよ。」(疑)
私「分かってるって、エサ買ってないし。」

午前中にこんな会話を交わし、午後から船越方面へ。
そして、”予定通り”船越漁港へ到着。

妻「ちょっと、ちょっとちょっと〜(ザ・たっち風)」
私「海を見ながら弁当食べようと思って。なぁ太郎!」(子供を味方につける)

【昼食後】
私「あれっ?塩エラコが残ってた!」
 → わざとらしく叫び、いそいそと釣りの準備をする。
妻「やっぱり・・・。30分だけだからね。」
私「もちろん。この時期は釣れないからすぐ戻るよ。」
※妻と子供たちは車で昼寝。

【1時間経過】
携帯電話が鳴る。
妻「ちょっと、何時だと思ってるの。」(怒)
私「い、いま終わるところだから。」

【1時間半後】・・・車に戻る。
私「ゴメン、ゴメン。アイナメが釣れちゃってさ〜。」
妻「夕食は外食ね、あなたのおごりで。」
私「わかったよ。」
【私のおごりで焼肉屋へ】・・・今月の小遣いピンチっ!

と言うことで、今日の釣果は15cmくらいのアイナメ1匹
久々の船越漁港。まだ釣れない時期だが、3〜4組の太公望たちが釣りを楽しんでいた。いかにもベテラン風のおじさんが小さなソイを何匹が釣っていたようだが、他の組は気配なし。
私はブラー&塩エラコで辛うじて坊主を免れた。アタリは小さいのが4回ほど。
でっかいソイがいるポイントを知っていたのだが、そこもダメ。
陸っぱりで釣りをするには、まだまだ水温が低い。

 


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。