オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣行記−船釣り

釣り日記−岩泉小本沖で船カレイ

船釣り日記−岩泉・小本沖でカレイ
【2007.6.24 三陸岩手海釣り日記】

カレイの船釣り第2弾は、ちょっと遠い岩泉・小本沖へ。
この日は霧だか「やませ」(夏季に三陸地方によくある、山を越えて吹いてくる冷湿な風)だか分からないが、周りの景色が全く見えない状況が1時間くらい続いた。
「周りの景色が見えない=船酔い度が高い」であり、私の連れは3回吐いたらしい。私も若干気持ち悪くなったが、万全を期して酔い止め薬を飲んでいたこともあり、事なきを得た。

さて、肝心の釣果は、カレイ21枚、最大サイズ32cm
今回は数よりサイズを期待しての船釣りだっただけにちょっと残念だった。
しかし、船釣り用に購入したカレイ竿と両軸リールが使えたので満足。新しい釣具はうれしいものだ。
2007-6-24x.jpg
最後に、カレイの船釣りのポイントを1つ。
カレイの船釣りの肝は「コヅキ」であることが実感できた。
カレイは動くものに興味を持ち寄ってくるのは釣りビデオ「ザ・カレイ」で知識を得ていたが、試した結果その通りであることが分かった。
アタリが来るのは、コヅキを入れた直後が圧倒的に多いからだ。

他には、常に新鮮なイソメを使い、その長さを調整すること。
そして、早合わせは禁物。ということは飲み込ませて確実に釣るということ。そこで飲み込まれた針をいかに素早く外せるかもポイントとなる。私の場合、これが遅い・・・。

ということで、今回も楽しい釣行だったが、船釣りは陸っぱりの釣りのように自分で移動しながらポイントを見つけて釣るということができない。いわば釣り堀状態である。
やっぱり、釣り自分の経験と勘で魚のいるポイントを探し出すという作業が楽しいのだ。そのポイントで釣れた喜びはひとしおなのである。

【三陸岩手海釣り日記】

釣行記−宿漁港

釣り日記−最悪の1日

釣り日記−最悪の1日
【2007.6.14 三陸岩手海釣り日記】

最悪の1日は宿漁港での釣りから始まった。
平日休みを利用して、朝7時から久々に宿漁港へ行ったのだが、予定していた防波堤先端のポイントは工事をしていて入れなかった。仕方なしに手前で釣りを始めるも、干潮で底がハッキリと見えていて釣れそうな雰囲気ではない。岩の陰に落とすとそれなりのアタリはあるもののヒットには至らず。

宿漁港は1時間ほどで見切りをつけ、日出島に移動。
さて、日出島も一番行きたかったポイントは漁師さんたちの作業で入れない。仕方なしに別ポイントで釣りを始めるも、宿以上に底が浅く全く釣りにならない。ここも1時間ほどで何も釣れないまま退散。

このままでは帰れないと思い、出崎埠頭へ。
まずは元旦に45cmのアイナメを釣りあげたポイントへ。しかし、さっぱり動きがないので、河口付近へ移動。それでも音沙汰なし。妻からの「帰れ」命令により昼前に納竿。

結果、3箇所をハシゴして頑張ったが見事なボウズ。3連敗。「釣りをしている以上、こういう日もあるさ」とあきらめの境地で帰路についた。が、まだこの日のアンラッキーは続く。

ボウズのストレスを少しでも吹き飛ばそうと景気のいい音楽を聴きながら運転をしていた。ふと気が付くと、後ろでパトカーが何か言っている。音量を下げて聴いてみると、「5××3の車、止まりなさい。」と言っているではないか。そう、一時停止違反を犯したのである。罰金7000円の2点減点だ。

ツイてない日ってのは、こういうもんだ。
妻にこっぴどく叱られたのは言うまでもない。

こうなりゃヤケだとばかりに、今日は私のおごりで一家で焼肉に行くことにした。
3軒ハシゴして1匹も釣れなかったストレスと罰金7000円のショックをビールと焼肉で少しでも和らげようと思う。

では、いざ焼肉屋へ

【三陸岩手海釣り日記】

釣り雑談

ホヤの危機【三陸岩手海釣り日記】

ホヤの危機【三陸岩手海釣り日記】

釣りの話ではないが、今回はホヤ(海鞘)について。

ホヤは独特の香味と味覚で酒の肴として珍重される「海のパイナップル」と呼ばれる海産物だ。とてもパイナップルのような美味しそうな外見ではないが、似ていると言われれば、全く似てない訳でもない。
居酒屋で、刺身、酢の物などで食べることが多いが、正直私はあの微妙な苦味があまり好きではない。

しかし、このホヤ、東北人以外は知らない人が多いのではないだろうか。パソコンでも「海鞘」という漢字は出てこない。それだけマイナーなのだが、今年になってニュースに出ることが多くなってきた。
hoya.jpg

2007年3月に、宮城県南三陸町歌津末の崎沖で、殻が軟化、破裂する被嚢(ひのう)軟化症を発症するホヤが見つかった。感染症の恐れがある韓国産のホヤ種苗が宮城県に輸入されたのが原因なのだろうか。そして、宮城県では最低5年間はホヤの養殖休止とのことだ。ホヤのシェアは宮城県約80%、岩手県10〜20%ということなので、今後は岩手産のホヤが重宝されるかも知れない。

実はホヤは釣りでも使われる。
ウミタナゴをホヤで釣っているベテラン釣り師を見たことがある。
小さく3〜5mmの正方形に切った黄色のホヤを針に付けて垂らすと、アミエビより食いが良いようだ。当然のようにベテラン釣り師はウミタナゴの大漁。

今期は私も使ってみようと思っていたので、あまりホヤが値上がりすると困るのである。

三陸岩手海釣り日記

釣行記−吉里吉里

ナメタガレイ36cm!吉里吉里にて

ナメタガレイ(ババガレイ)36cm!吉里吉里にて
【2007.6.3 三陸岩手海釣り日記】

先週のぼうずのウサを晴らすべく吉里吉里に釣りに出掛けた。
とはいえ、家族同伴であり、しかも時間も3時〜4時半という制限付きの釣りだ。

しかしながら、本日は”記念すべき釣行”となった。

10gのブラー(ホワイト)に青イソメを付けて広範囲に投げながらアタリを待った。そして、20cm台のアイナメ3匹、リュウグウハゼ1匹、ギンポ1匹を釣り上げ、小ぶりながらも久しぶりのアタリと引きを楽しんでいた。

1時間ほど経った頃だろうか、小さくムズムズと竿先にアタリがきている。小さなカジカあたりが突付いているかな・・・と思いしばらく様子を見ていた。いつまでもツンツン突付いているので、そろそろ合わせてみようと思い、クイッと合わせた。

重いっ!!
グイグイと抵抗する。

あがってきた魚はなんと・・・・・


2007-6-3(2).jpg

カレイの王様”ナメタガレイ”36cm



防波堤の足元から3mくらいのところになんでナメタが?!
どうしても信じられず家に帰ってからネットの画像で調べたが、やはりあのナメタである。
うわさに違わず肉厚だ。しかも、子持ち。

標準和名ババガレイ、通称ナメタは長年の憧れの魚だった。
三陸地方では、子持ちのナメタは正月料理の付き物として欠かせない代物。
暮れが近づくと値段が跳ね上がる魚である。

それが足元3mのところで釣れてしまった。
これだから海釣りはやめられない。

【三陸岩手海釣り日記】


Powered by Seesaa