オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣行記−田老港

釣り大会でヒラメーっ!

釣り大会でヒラメーっ!
【2007.9.30 三陸岩手海釣り日記】

今日は田老漁港にて素人釣りサークル”ぼうず”の釣り大会。

最初にテトラでアイナメ、ソイ、ドンコを揃えて、次に磯で一発大物狙い。最後はじっくりカレイ釣りという作戦だった。
最初は狙い通りにいったのだが、磯での大物ゲットの予定が小さなクジメのみ。
気を取り直してカレイに専念したが、アタリはあるものの一向に乗らず。

後半唯一釣れたのは、10cmくらいのヒラメ(泣)。
あまりに小さいアタリなので放っておいて、しばらくしてイソメを取られたかと思って上げてみた。
すると葉っぱのようなゴミが付いていた。よ〜く見るとカレイだ。あらら、小さいこと、と思っていたら、歯がキザギザ。まさかと思い、目の位置を確認すると左にある。
「あっ、ヒラメが釣れちゃった。」
こんな感じだった。引きも何もあったもんじゃない。
しかしながら、ヒラメは初めてなので手のひらサイズとはいえ素直に嬉しい。

<本日の釣果>
アイナメ3匹(最高32cm)
クジメ2匹(リリース)
ムラソイ(21cm)
ヒラメ(10cmくらい、リリース)
カジカ(リリース)

釣り大会としては、大きなカレイを釣ったメンバーがいたので、私は32cmアイナメでおそらく2位だろう。
釣り日記2007-9-30

【釣り大会でヒラメーっ@三陸海釣り日記】

釣行記−蛸の浜

サバ大漁【三陸海釣り日記】

サバ大漁
【2007.9.26 三陸岩手海釣り日記】

今日の仕事は午後からなので、午前中に釣りに出掛けた。
今回は根魚ではなく、アジ・サバを狙って冷凍アミを持って蛸の浜に釣りに行った。水曜の朝のせいか、誰もいない。独占状態だ。

最初は小さなタナゴしか寄ってこなかったので、竿を出しながらプカプカとタバコを吸っていた。
すると、突然ものすごいアタリ。アタリというより、いきなりグイグイとした引き。
おぉ!サバの大群が来た!
すぐに用意していたもう1本の竿(サバ用のサビキ仕掛け)に変え、約1時間で30匹ほど、バケツいっぱいに。

うちには今晩食べる分の4匹を取って、あとは実家の巨大冷凍庫へ。
うちの家族は私を含め、サバの塩焼きが大好きなので、しばらく食事は安泰だ。

回遊魚の釣りはバタバタと忙しいので釣りとしてはあまり好きではないが、やっぱりあのサバの強烈な引きは魅力的だ。
最後の方は、わざと泳がして引きを楽しんでみたりして・・・サバくんゴメン。
サバ大漁

【サバ大漁@三陸海釣り日記】

釣行記−出崎埠頭

根魚釣りvs回遊魚釣り

根魚釣りvs回遊魚釣り
【2007.9.9 三陸岩手海釣り日記】

今日は午後から暇をもらって釣りに出掛けた。

1:00に出発予定だったが、青イソメでいつものようにアイナメ、ソイ、カレイを狙うか、アミエビでアジ、サバ、イワシなどを狙うか迷った。

結局「男は根魚だ!」と意味不明の決めゼリフを叫んで、冷蔵庫から塩エラコを出し、さらに途中の釣具屋で青イソメを購入して、いざ高浜へ。

潮は満潮に向かっている最高の時間帯で、しかも、これまでカレイをあげている実績ポイント。でも全くアタリがない。先日の台風の影響がまだ残っているような感じだ。

高浜は2時間くらいであきらめ、出崎埠頭に移動。
これまたアイナメ、カレイの実績ポイントで狙った。まず、かなり型の良いマハゼが掛かった。ここのハゼは日本一でないかと思うくらい立派なハゼだ。

ハリを外していたら、おじさんが「ここ、もうすぐ船が来っから・・・」と言う。
他に移動して続けようかと思ったが、全体的に混み合っていたこと、腹痛が襲ってきたことを考え、今日はおとなしく撤退することに。

出崎埠頭は、アジ、サバあたりを狙っての釣り人がたくさんいて、小ぶりながら結構釣っていたようだ。

さて、そろそろ冬の根魚を狙うためのチカ釣りをする時期かな〜。
大きなチカは食べて、小さなチカは冷凍しておき、冬の根魚のエサにします。


P.S クルーゼさんへ
出崎埠頭に居ましたか?
シルバーのワゴンと書いてありましたが、間違えてシルバーのワンボックスを探しました。
あ、藤原埠頭は数年前からテロ対策という名目で封鎖中ですよ。
釣果報告楽しみにしています。

【三陸海釣り日記】

釣行記−宿漁港

時化の中での釣り大会

時化の中での釣り大会
【2007.9.2 三陸岩手海釣り日記】

宿漁港にて、6人でミニ釣り大会を実施した。
釣り経験者と未経験者で組むチームを3つ作り、10:00〜13:00の3時間でゲームをした。勝敗は釣った魚の大きいやつ3本の合計サイズで決める。ターゲットは一般的に食べる魚ならOK。

楽しみにしていたのだが、時化もいいところで、防波堤の先端は波をかぶっている。
命の危険を感じながらも(そんなに危ない場所には行っていないが)、優勝目指して必死に釣りに集中した。
しかし、雨続きで水が濁っている上に波で荒れているため、アタリすらない。

後半にきて、初心者のパートナーが「釣りましたっー!」と叫んでいるので、見てみると9cmのムラソイ。笑えるくらい小さい。使い捨てライターほどの大きさである。
しかしながら、他のチームがぼうずであれば9cmでも優勝の可能性はある。
続いて、私が更に小さな8cmのソイを上げる。今度はライターどころか消しゴムくらいの大きさだ。釣り人としての威信に関わるが・・・キープ。

結局、私のチームは9cm+8cm=17cm。
使い捨てライターと消しゴムとはいえ、他チームがボウズなら優勝も・・・と期待していた

が、残念ながら最下位。

でも優勝したチームといっても、サバ20cm+アイナメ10cm+ソイ8cm程度だ。2位のチームも、12cm+11.5cm程度だった。

釣りとしては最悪の環境だったが、仲間と一緒に釣りをするのは楽しい。チームを作って競争するのは、なお楽しいものだ。

豆ソイ
使い捨てライターと消しゴム ^_^;

【三陸岩手海釣り日記】


Powered by Seesaa