オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣り雑談

釣りでこれまでにやらかした私のミス

釣りでこれまでにやらかした私のミス
【三陸岩手海釣り日記】

こう寒くては釣りどころではない。
でも海を見るたびに釣りで頭がいっぱいになる。
せめて今日は釣りに関することをじっくりと考えてみようと思う。

これまで釣りをしているとき、私は数々のミスを犯してきた。
けっこう致命的な過ちで、大物を逃したりもした。
その3大原因と思われる以下のことを公表し、次期シーズンの自らの課題としたい。

●古い針

これは何度かやったのだが、貧乏性の私は1度きりで針を取り替えるといったことはせず、2度でも3度でも完全に使えなくなるまで使い倒す。
それでも、ちゃんと毎回塩を洗い落としたり、先端が鋭利さを失ったらヤスリで少しでも削れば良いのだが、気が向いたときしかそれらをせず、結局どういう結果になるかというと・・・、
痛恨のバラシ」となるのである。
釣りをする人間として当然のことなのだろうが、今後は確実に真水で洗い、針先を研ぐという作業をマメにやらなくてはいけない。

●きちんと合わせず

「こんな場所で釣れるわけがない」「こんな時期に釣れるわけがない」と思って釣りをしている最中にアタリが来ることもしばしばある。
でもそんなときは得てして気を抜いているし、「これって本当にアタリなのかな」と疑ってかかり、きちんとアワセをしないことが時々ある。
利き竿のように少し竿を上げてみて、遅れてから「あ、掛かったみたいだ」と思って合わせた魚は、たいていは水際でポチャーンとこれまた「痛恨のバラシ」となるのである。
どんな時でも感覚を研ぎ澄ませて竿に集中し、しっかりとアワセなければいけない。

●ポンピング

竿をしゃくっては糸を巻き取るポンピングはかつては釣りの常道とされてきた。
しかしどうやらテンションを掛けたまま竿の角度を変えず巻き取るクレーン巻の方が良いとする人も多いようだ。今期はまさにポンピングでリールを巻いている間に大物をバラしたことがあった。
私がポンピングをする理由の1つは、安いリールでパワーがないためである。もちろん私のテクがないのが大きな原因なのだろうが、今年は少しパワーのある良いリールを購入してクレーン巻を中心にすることで、痛恨のバラシを減らせたらと思う。

以上、真面目な釣りレポートでした。

【三陸岩手海釣り日記】

釣り雑談

「三陸岩手海釣り日記」年始のご挨拶

「三陸岩手海釣り日記」年始のご挨拶

釣りキチの皆さん、
あけましておめでとうございます。m(__)m


昨年は「岩手釣り同盟」なるものが発足し、
釣りの情報交換をしながら、
ある時は大漁を称え合い、
またある時はボウズで落ち込んでいる人を励まし合いながら、
お蔭様で1年間楽しく釣りができました。

また、岩手以外の釣りキチたちとも
仲間になることができ、とても実りある1年でした。


さて、今年2008年は、

三陸沿岸縦断釣り旅行」を遂行します。

先日、仙台にミニ旅行へ行ってきました。
結局、竿を出すことは許されなかった(泣)のですが、
ヨダレものの漁港がたくさんあり、
ぜひ「三陸」を制覇したいと思ったしだい・・・。

そもそも、このブログのタイトルは、
「岩手」とも書いていますが、「三陸」とも謳っています。
三陸とは陸奥(青森)、陸中(岩手)、陸前(宮城)までの範囲を言い、私が普段 釣りをしているのは実は「陸中」なのです。
誰かに「『陸中岩手釣り日記』に修正しろ!」
とクレームを付けられる前に、今年は三陸を縦断したいと思っています。

ついでに、2008年の具体目標をもう1つ。
 ・アイナメ50センチ
 ・ソイ35センチ
 ・カレイ35センチ
 ・イカたくさん(実はイカ釣ったことがない)
 ※全て船釣りではなく、陸っぱりの釣りの目標です。

ということで、釣りキチの皆さん、
今年もどうぞヨロシクお願い致します。

【三陸岩手海釣り日記】

釣行記−高浜

三陸岩手海釣り日記−2007-2008"年末年始"の釣り記録

三陸岩手海釣り日記−2007-2008"年末年始"の釣り記録

●2007.12.29(土)15:30-17:00
場所:高浜漁港
釣果:アイナメ31センチ
<状況>
アタリ自体が少なくなっている。高浜は釣れなくなる時期が他の漁港より早いのでもうすぐシーズンOFFが近いかも知れない。1匹とはいえアイナメ31センチをゲットできたのは嬉しい。ただ、11月頃までは非常に濃かったソイがさっぱり釣れなくなった。やはり高浜はシーズンOFFが近いかも知れない。

●2007.12.30(日)7:00-8:30
場所:高浜漁港
釣果:ぼうず
<状況>
気合を入れて朝早く寒い中 出掛けたが、アタリ1回のみ。
途中、雨が降ってきたので納竿。

●2007.12.30(日)14:30-16:30
場所:出崎埠頭
釣果:ぼうず
<状況>
本日は用事の合間に細かくダブルヘッダー。
MYベストポジションに位置取ることができたのだが、
2時間の間、沈黙。(・へ・)
時々投げ竿の方のスズが小さく鳴ったが、突付いているだけで食うに至らず。

●2007.12.31(月)15:30-17:00
場所:出崎埠頭
釣果:ぼうず
<状況>
2日連続のぼうず。
サカナ君はどこへ?\(-o-)/

●2008.1.1(火)10:30-15:30
場所:日出島、宿漁港、高浜漁港
釣果:アイナメ34センチ
<状況>
元旦の奇跡を夢見て、釣り仲間と荒れ模様の海へ。
最初の日出島ではボウズどころか、アタリすら全くなし。
早々に引き揚げ、宿漁港へ。
ところが宿でも全くアタリなし。
最後の望みをかけて高浜へ。
ここでも沈黙が続いたが、「あと30分アタリがなければ今日はもう帰ろう」と友人と話をした数分後のこと。

投げたブラーを引いてきて足元まで来たので、再キャスティングをしようとブラーを上げたとき、デカい魚がブラーに付いている塩エラコを水面まで追いかけてきたのだ。
その魚は水面ぎりぎりまで追いかけてきてブラーが空中に出た瞬間、水面でバチャっと音を立ててUターン。

ギョっ!と驚いたのは私である。

今日1日かけてアタリすら無かったのに、いきなりデカイのが塩エラコを追いかけて水面まで来るとは!

おそらくあの体系はソイだろう。
魚がUターンして戻っていったであろうポイント(全くの勘だが)に、間髪入れずにブラーを投げ入れた。
するとどうだろう、よっぽど腹が減っていたのか、ブラーが底に着く前にヒット!

お、重い。
出てきたのは、ソイではなく丸々としたアイナメ34センチだった。
釣りアイナメ34

本日は、寒さに耐えながら3箇所を回った割にはアタリ1回のみで少々ストレスの溜まる釣りだったが、最後に良型がヒットしたので良しとしよう。

さて、明日からは仙台に家族で小旅行。
沿岸をゆっくりとドライブしながらの旅行。
よだれが出るくらいの数の釣り場を通ることになる。
アドレナリンが噴出しそうだ。
せめて30分だけでもいい、釣りをさせてもらえないかなぁ・・・無理かなぁ・・・。

【三陸岩手海釣り日記】



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。