オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣り雑談

釣りでこれまでにやらかした私のミス

釣りでこれまでにやらかした私のミス
【三陸岩手海釣り日記】

こう寒くては釣りどころではない。
でも海を見るたびに釣りで頭がいっぱいになる。
せめて今日は釣りに関することをじっくりと考えてみようと思う。

これまで釣りをしているとき、私は数々のミスを犯してきた。
けっこう致命的な過ちで、大物を逃したりもした。
その3大原因と思われる以下のことを公表し、次期シーズンの自らの課題としたい。

●古い針

これは何度かやったのだが、貧乏性の私は1度きりで針を取り替えるといったことはせず、2度でも3度でも完全に使えなくなるまで使い倒す。
それでも、ちゃんと毎回塩を洗い落としたり、先端が鋭利さを失ったらヤスリで少しでも削れば良いのだが、気が向いたときしかそれらをせず、結局どういう結果になるかというと・・・、
痛恨のバラシ」となるのである。
釣りをする人間として当然のことなのだろうが、今後は確実に真水で洗い、針先を研ぐという作業をマメにやらなくてはいけない。

●きちんと合わせず

「こんな場所で釣れるわけがない」「こんな時期に釣れるわけがない」と思って釣りをしている最中にアタリが来ることもしばしばある。
でもそんなときは得てして気を抜いているし、「これって本当にアタリなのかな」と疑ってかかり、きちんとアワセをしないことが時々ある。
利き竿のように少し竿を上げてみて、遅れてから「あ、掛かったみたいだ」と思って合わせた魚は、たいていは水際でポチャーンとこれまた「痛恨のバラシ」となるのである。
どんな時でも感覚を研ぎ澄ませて竿に集中し、しっかりとアワセなければいけない。

●ポンピング

竿をしゃくっては糸を巻き取るポンピングはかつては釣りの常道とされてきた。
しかしどうやらテンションを掛けたまま竿の角度を変えず巻き取るクレーン巻の方が良いとする人も多いようだ。今期はまさにポンピングでリールを巻いている間に大物をバラしたことがあった。
私がポンピングをする理由の1つは、安いリールでパワーがないためである。もちろん私のテクがないのが大きな原因なのだろうが、今年は少しパワーのある良いリールを購入してクレーン巻を中心にすることで、痛恨のバラシを減らせたらと思う。

以上、真面目な釣りレポートでした。

【三陸岩手海釣り日記】


Powered by Seesaa