オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣り大会

「第1回 三陸岩手ロックフィッシュ・ワーム対決大バトル」結果発表!

「第1回 三陸岩手ロックフィッシュ・ワーム対決大バトル」最終結果発表

参加者全員のレポートが揃いましたので、最終結果を発表します。

【1位】三陸ぼうず・・・80.4ポイント
【2位】貧乏ルアー好き・・・75.6ポイント
【3位】Y師・・・67.2ポイント
【4位】ひつじ・・・66.6ポイント
【5位】クルーゼ・・・22.2ポイント

ということで、
オレ、おめでとーーー!!


初の試みでしたが、本当に楽しかったです。
優勝できたのもうれしいけど、一度も会ったことのない、顔も知らない皆さんと(会った人もいるけど)、ルアー釣り対決ができたのが何よりも感動しました。
皆さん、ありがとうございました。

第2回も間違いなくやります、
モンスターアイナメやソイが乗っ込んでくる頃に。

また皆さん参加してくださいね。

そして・・・









ディフェンディングチャンピオンの俺に・・・













かかってこいやぁ〜!(高田風)




【三陸岩手海釣り日記】
 

釣り大会

「第1回 三陸岩手ロックフィッシュ・ワーム対決大バトル」実釣レポートD(貧乏ルアーさん編)

「第1回 三陸岩手ロックフィッシュ・ワーム対決大バトル」実釣レポートD(貧乏ルアーさん編)

■実釣時間:9月3日(水)17:00〜23:00
■実釣場所:石浜漁港、音部漁港
■釣  果:クロソイ3匹(@22センチ、A21センチ、B20センチ)
■ポイント:75.6ポイント
■レポート:
 当日本当は、川代の磯に行く予定でしたが、久々の休みで家庭の事情(妻へのサービス)等で、気が付いたらなんと16:00。慌てて家をでて、真っ先に行った所が石浜。しかし、アタリがまったく無し。(-_-)18:00頃まで石浜で釣りをして、ちびアイナメのアタリすらなし・・・・。一瞬ボウズの文字が頭をよぎる・・・・。

 気を取り直し、暗くなるのを待って音部漁港へ移動しました。で、

1匹目 18センチ。
2匹目 18センチ。
3匹目 19.5センチ(ちょっとサイズアップ)
4匹目 19センチ

 ここでいきなり一発で4ポンドフロロを切られた大物がヒット (T_T)私は以前この4ポンドフロロとメバルロッドで42.5センチのアイナメを釣り上げています・・・。なのに一発で切られてしまった・・・。

5匹目 19.5センチ。
6匹目 20センチ
7匹目 22センチ
8匹目 18センチ(だんだん飽きてきた・・・)
9匹目 18センチ
10匹目 21センチ
11匹目 17.5センチ
12匹目 18.5センチ
13匹目 計測するのもメンドウ(チビソイのアタックにウンザリ・・・)
14匹目 18センチ(本格的に飽きて逆から撮ってしまった。)

写真に撮ったのは以上です。
ちなみに10センチ前後のチビソイ多数。

数は出たのですが、型は小さめでした。次は是非大きい魚を釣りたいです。
貧乏ルアー1-1
貧乏ルアー1-2
貧乏ルアー1-3

ロッド 7フィート メバルロッド
リール 2000番台
ライン 4ポンドフロロ
    ジグヘッド 1.5g〜3.5g
ルアー バークレー スイミングマレット
          2インチ サンドワーム
    レイン   アジリガー
    エコギア  グラスミノー チカチカ室蘭
    その他   ドラゴンテイル

------------------------------------------------------------------------------------
貧乏ルアーさん、仕事が忙しい中、お疲れ様でしたー!
それにしても4ポンドフロロを切った大物、一目見たかったすね。

【三陸岩手海釣り日記】

釣り大会

「第1回 三陸岩手ロックフィッシュ・ワーム対決大バトル」実釣レポートC(ひつじさん編)

「第1回 三陸岩手ロックフィッシュ・ワーム対決大バトル」実釣レポートC(ひつじさん編)

■実釣時間:9月3日(水)16:30〜18:30
■実釣場所:森林木材港
■釣  果:クロソイ3匹(@20センチ、A18.5センチ、B17センチ)
■ポイント:66.6ポイント
■レポート:
9月3日(水)晴れ 暑い
9月1日までの悪天候が終わり、2日、そして本日3日と良い天候に恵まれました。
これは流石にボウズはないだろうと、準備をするも
準備をしている最中既に汗だく。
これはいけないと思い、夕まずめ狙いに切り替え。

というわけで、釣り場に着いたのは16時。

だいぶ和らいだとはいえ、まだまだ蒸し熱く、
自転車で行ったため、余計に暑くて気持ちが悪かったので
30分くらいは座って休憩をしていました。

さて、釣りのお話。

実際釣り始めたのは16時30分。
来る途中、ポイントに流れ込む川の状況を観察していたのですが、
凄い勢いでマッディ。これは海にも影響があるだろうと思い、
最初はアピールカラーで攻めようと、エコギアの
PARAMAX 3インチ(ピンク)をチョイス。
ラインは8lbで、リグはダウンショット。

このリグでまずはボトム周りを探ります。
…と、5投目でさっそくアタリ。
あわせると気持ちの良い引き。これは幸先がよい!
危なげなくつり上げ、早速測量…
19cm? 18.5cm?うーん、暴れるから計りにくい。
hituji1-1.jpg
25cm未満はリリースと決めてきたので弱らないうちに測りたい所。
何とか写真を撮り(サイズはイマイチ曖昧ですが)リリース。

と、この後アタリがぱたりと止みます。
12,3投目でルアーチェンジ。
リグはそのままで、エコギア パワーホッグ3インチ(三陸リアスレッド)。

実はこのルアー、「釣れる!」と雑誌やNETにさんざん煽られて買ったものの、
アタリを数回引いただけの実績が無い、イマイチ信頼していないもの。

でも、ここは河口から直ぐのポイントだし、以前シャコの抜け殻を
見たことがあるので、其れを食べてるんじゃないかなと
わずかな期待をもってキャスト。

とは言え、どうせ釣れないだろうとたばこを吸いながらのキャスト…。
が、2投目でまさかのHIT

ちょっと吃驚しながら上げ、測ると本日最大サイズ!!
hituji1-2.jpg
………

…19.5cm?20cm?20cmは越えてるよね?というきわどいサイズ…。
がっかりしつつも、3本揃えよう!と気を取り直し,再びキャスト。

パワーホッグに変えた後、アタリが大復活。
とはいえ、ショートバイトなのでなかなか乗らない。
サイズが小さいのかなーと、ぼやきつつ、やっとあわせたら
すっごいファイト!これは期待していいのかーーー

……

うわあああああ、17cm?17.5cm?
小さいのに一番引きました。写真を見て分かるとおり、
思いっきり威嚇されてます。やっぱソイは凄い攻撃的。
hituji1-3.jpg

その後、アタリはあるものの、何に変えてもイマイチ乗らず。
残念ながら入れ替えは出来ず。しかし、3本揃えられたのでいいかな的で!

最後根掛かりでラインブレイクしたのを切っ掛けに終了。
時刻は18時30分でした。

2時間の戦いでしたが、中々に楽しかったです。

ひつじ

-------------------------------------------------------------------------
2時間で3本揃えてくるとは・・・さすが我が死傷・・・じゃない師匠。
本気出して8時間きっちりとやられたら負けてるところでしたな。

さて、残るは”本命”貧乏ルアー好きさんの釣果レポートです。
貧乏ルアーさん何とか9月中にヨロシクお願いします。
第1回の結果集計が終わり次第、第2回の計画に入りたいと思います!

【三陸岩手海釣り日記】

釣り大会

「第1回 三陸岩手ロックフィッシュ・ワーム対決大バトル」実釣レポートB(クルーゼさん編)

「第1回 三陸岩手ロックフィッシュ・ワーム対決大バトル」実釣レポートB(クルーゼさん編)

■実釣時間:8月23日(土)11:30〜18:20
■実釣場所:重茂漁港、音部漁港、田老漁港
■釣  果:クロソイ1匹(@18.5センチ)
■ポイント:22.2ポイント
■レポート:
天気は曇り・・・夕方からは雨予報のこの日・・・
11時30分に重茂漁港に到着・・・
さっそく、秘密兵器の、アシストブラーにエコギアのストレートワーム(オレンジ)をつけて、第1投、きたっ大物^^竿がしなる・・・地球をつってしまい、秘密兵器紛失><
釣りをしていた、おっちゃんと話しをしてると、音部もつれてるとのこと・・・
が、気にせず こんどはツネキチリグで、同じワームであちこち、さぐるも、当たりなし・・・

おっちゃんの話がきになって、音部漁港へ移動・・・
しかし、悲劇が・・・
車のサイドブレーキをひいたまま、はしらせていたため、車から異臭が><

音部につき、同じタックルで釣り始める。30分くらいして、あたりが・・・
しかし、目の前で、究極のばらし・・・><

そんなこんなで、宮古に帰郷中の友達から、田老にいるからおいでよ、と電話があり、田老へ移動・・・
午後2時ころに、到着
風もあり、寒い><
同りぐで、エコギアストレートワーム(白色)でたんねんに、テトラまわりをさぐる・・・
つ・ついにきました^^黒ソイです。さっそく計測^^18センチちょいでした。
第1回釣り大会クルーゼ

このときすでに午後5時><ますますさむくなってきた・・・
その後もがんばるが、あたりもなく、暗くなり、雨もふってきたので、六時20分に終了><
「たらふく」でラーメン食べて帰りました。
結果1匹><ぼうずじゃなくてよかった^^
と、こんな感じです^^

---------------------------------------------------------------------
クルーぜさん、お疲れ様でした。
天候的にあまり良い環境ではなかったようですね。
しかも、秘密兵器のロスト、車の悲劇など・・・
第2回で奮起してください!

【三陸岩手海釣り日記】

釣り大会

「第1回 三陸岩手ロックフィッシュ・ワーム対決大バトル」実釣レポートA(三陸ぼうず編)

「第1回 三陸岩手ロックフィッシュ・ワーム対決大バトル」実釣レポートA(三陸ぼうず編)

■実釣時間:8月17日(日)11:00〜19:00
■実釣場所:田老漁港、高浜漁港
■釣  果:クロソイ3匹(@24センチ、A24センチ、B19センチ)
■ポイント:80.4ポイント
■レポート:
 8月17日(日)夏期休暇の最終日、宿題こそないが明日から仕事が始まると思うと、この世の終わりかと思うくらい憂鬱になる。そんな中、バトルの釣りに出掛けた。
 今日の狙いとしては、こんな具合だ。
まずは田老漁港で小さくても良いので規定サイズのアイナメ、ソイを3本揃える。そして、夕まずめに高浜でサイズアップをして何本か入れ替える。

 さて、午前11時にスタート。
どんよりとした曇り空で、まずまずの釣り日和といったところ。
まずはお気に入りの白のカーリーテイル(エコギアのパラマックス3インチ)をテトラの穴に落としてみる。
2〜3個目の穴でさっそく1本目のヒット。
2008-8-17(1).jpg
しかし、規定の17センチに満たないムラソイでリリース。


しばらくして、「ゴンッ」と来たのが、規定サイズ1本目のクロソイ24センチ。
2008-8-17(2).jpg


その後、イソメもどきのワーム(バークレイのサンドワーム)に変更し、19センチのクロソイをゲット。
2008-8-17(3).jpg
その他は15〜6のムラソイばかりが掛かり、なかなか規定サイズ3本を揃えられない。

 テトラの穴はあきらめ、深緑のカーリーテイル(エコギアのパラマックス3インチ)をテトラの外側に投げ、アイナメ狙い。しかし、アイナメは全く姿を見せず、釣れるのは15〜6センチのソイのみ。


 午後2時に田老をあきらめ、高浜に移動。食事は時間短縮のためコンビニで買ったおにぎりを運転中に食べて済ませる。

 高浜で最低でも もう1本規定サイズを釣り上げ、3本を揃えたいところ。
さて、高浜に到着してまず田老で釣った2匹のソイの水を交換しようとバッカンを開けてみたらナント!
2008-8-17(4).jpg
口を最大限に開いてお亡くなりになった24センチのソイの口の中に、頭を突っ込んでいる19センチのまだ生きているソイである。たまたま入ってしまったのかと思って、口から出してあげてみたが、自らすぐにまた口の中に頭を突っ込んだ。あぁ、意図的に隠れたいんだなと思い、ソイくんの意のままにさせてあげた。


 話をバトルに戻して、
高浜は今日は随分と水が濁っており気配としては微妙である。
2時半から開始するが、入れ替えをするどころか規定サイズ3本目がなかなか釣れない。
そして、足元のブロックの隙間に落としていたら、ついに恐れていた奴が・・・。
2008-8-17(5).jpg


5時を知らせる「夕焼け小焼け」の管内放送が鳴るまでは、外道横綱のギンポと外道大関のミニカジカのみという、少し焦りが出始める釣果だった。

 しかし、5時を過ぎてこれからがソイの捕食時間に入るところ。自分的に最も実績を上げている白のカーリーテイルに戻し、範囲を広く攻めた。
5時10分頃、19センチのクロソイがヒット!
これで何とか規定サイズ3本が揃う。
ソイが動き始めたようだ。まだいける!
もっと大きいのを釣って19センチのソイの入れ替えをしたいところだ。

5時半ころ、ガツンッ!と来る。
これは入れ替えできるサイズの引きだ。
バンザーイ、24センチのソイだった。
2008-8-17(6).jpg
1匹目の入れ替え成功。

2匹目の入れ替えを目指して再びワームを投げたが、6時になると風が全く止み、水面も全く変化がなくなり(ベタ凪状態)、同時にソイも沈黙に入った。

結局、今日の釣果は以下の通り。

●総合釣果
田老漁港―ソイ7匹、カジカ1匹
高浜漁港−ソイ4匹、カジカ1匹、ギンポ1匹

●総評
この時期のロックフィッシュとしては、まあまあの出来ではないかと思う。
ただアイナメを上げられなかったのは残念かな。

【三陸岩手海釣り日記】
 

釣行記−山田漁港

アジ&サバ釣り

【2008.9.21(日)11:00-14:00山田漁港、14:30-15:00出崎埠頭、15:30-18:30日立浜】

今日も家族でドライブ&フィッシング。
以前は妻は釣りに行くのを嫌がっていたのだが、最近はアジ&サバ釣りなら迷わずOK!

ということで、今日はアジ&サバ釣りに山田漁港へ。
途中の釣具屋で、冷凍アミ、食わせアミエビS、イソメ500円、さんまの切り身、合計1400円分のエサを購入し、気合いの釣行。

サバ&アジ用に2本、アイナメ・カレイ用に1本の投げ竿、オールマイティとしてルアーロッド1本の計4本の竿を準備した。

しかし、しかし。
気合いを入れると大抵は雨という雨男のワタシ。
今日も見事に雨模様。それでも降ったりやんだりだったし、せっかくお弁当持参のファミリーフィッシングだったので決行。

開始してから30分くらいはアタリもなく何も釣れなかった。
しかし、サバ狙いの竿のウキが突然グーッと潜る。

デカい、暴れる、強烈な引き!
25センチのサバだった。
これは良いサイズだ。これまでの釣ってきた防波堤サバの中でも最も良型だ。
大漁したい・・・が、なかなか敵も手強い。
なかなか簡単には食わない。

それでも何とか3匹釣ったが、雨足が厳しくなり撤退を余儀なくされる。

戻る途中で雨があがることを期待しながら、出崎埠頭へ移動。
出崎埠頭に着くと雨は小降りになったが、肝心のアタリがない。
30分アタリが1回もなかったので、すぐに日立浜へ移動。

日立浜には相変わらずアジがいたので、アジ釣りに専念。
ここでは妻と息子のみが竿を出し、私は「エサ付け係り」&「釣れたアジ・サバのハリ外し係り」(泣)。

妻と息子は大興奮。
入れ食いのアジに加えて、時々混ざる20センチ級のサバに興奮していた。

本日の釣果は、
サバ6匹、アジ45匹、アイナメ1匹でした。
2008-9-21.JPG

ウチの神様(妻)は、かなり釣りが好きになってきた様子。

次なる目標は、
エサを自分で付けられるようになってもらうこと、である。^^;


【三陸岩手海釣り日記】

釣り大会

「第1回 三陸岩手ロックフィッシュ・ワーム対決大バトル」実釣レポート@(Y師さん編)

「第1回 三陸岩手ロックフィッシュ・ワーム対決大バトル」実釣レポート@(Y師さん編)

■実釣時間:8月14日(木)12:00〜20:00
■実釣場所:堀内周辺、重茂漁港
■釣  果:クロソイ3匹(@19センチ、A18センチ、B19センチ)
■ポイント:67.2ポイント
■レポート:朝は雨が降っていたのでどうなるかと思ったが、小さいながらソイを3匹揃えることができたので良かったと思う。
ワームはいずれも「スイミングマレット、4インチ、スモーク(バークレイ・ガルプ)」 赤のパルスワームでは反応なし。
アイナメは出ませんでしたが、ソイの反応はいいみたいです。
小さいですが(^^;;
防波堤のヘチでは5センチくらいの子ソイがたくさんいました。アイナメはイズコヘ〜
ワーム釣り大会

ワーム釣り大会

ワーム釣り大会

ワーム釣り大会

ワーム釣り大会

----------------------------------------------------------------
さてさて、
たいへんお待たせしました。
今日からワーム釣り大会の結果レポートを、届いた順に掲載していきます。
今回はトップバッターY師さん。
先頭切っての実釣で見事に3本揃えてきました。
お疲れ様でした。

あ、この時点での「あぁ負けたぁ〜」とか勝敗に関する参加者のコメントには気を付けてくださいね。^^;

【三陸岩手海釣り日記】
 

釣行記−日立浜

アジの入れ食い

【2008.9.17(水)9:00-10:30 日立浜にてアジ釣り】

昨日知り合いからいただいて食べたアジが美味かったので、今日は早速自分でアジを調達することにした。
純粋なアジ狙いの釣りは初めてだと思う。

延べ竿に2号ライン、袖ハリ3号でウキ釣りをした。

最初に決めたポイントは、撒き餌を撒けども魚踊らずって感じでロクな魚が寄ってこない。
反対側に移動して撒き餌を撒くと、ボワーッとアジの大軍が攻めてきた。

おぉっ、これはチャンス。
まさに入れ食い状態である。

撒き餌を撒くとヒステリックなほどにパニック状態になり、既にエサのエビがハリに付いてないのに食いついてくる。


なんだよ、エサいらねーじゃん!
どんだけ食いしん坊なんだよ。


こんな感じで約90分で50匹釣って帰った。
サビキだったら200匹くらい釣れたかも知れない。
(でも最近はサビキは嫌いなのであまり使わない・・・)

宮古のアジは豆アジで小さいのだが、今日のは最大12センチとまあまあのサイズだった。

アジのから揚げは最高のビールのおつまみになりましたっ!(^v^)
2008-9-16.jpg

【三陸岩手海釣り日記】

釣行記−日立浜

初メバル

【2008.9.15(月)12:00-15:00 日立浜、三陸岩手海釣り日記】

今日は出崎埠頭でサバ&あわよくばアイナメ・カレイをということで、先日から私の洗脳にまんまと引っ掛かった妻をそそのかしてのファミリーフィッシング。

しかし、10時半に行ってみると既にビッシリと混み合っていて入る隙間がない。
なので魚市場側でやっていたら、なんと船が入ってきて退去命令。

仕方なく、日立浜へ。
投げ竿にはマハゼばかりが釣れてしまい、ちょっとがっかりしたが、ルアーロッド&ブラーの方に20センチ強のソイがヒット。

続いて、きれいな形の魚が。
なんと、なんと初メバルだぁ〜!

2008-9-15.jpg
初メバルの写真は、既にウロコを削られてしまった後の写真・・・不覚。

ということで、本日の釣果。

メバル1匹(16cm)
ソイ1匹(21cm)
ハゼ4匹
ギンポ2匹
カジカ3匹
リュウグウハゼ1匹
アジ1匹

でした。

妻が狙っていたサバはボウズ、、、ひゅーーーー。

やばいヤバイ!釣りが嫌いになってしまったら最後。
近く爆釣をさせねば・・・^^;

【三陸岩手海釣り日記】
 

ただの日記

クルーゼ氏と対面!!

クルーゼさんとついに会った。

先日ブログに「宮古秋祭りメイン会場に来たらカキ氷売ってる男に釣りの話を持ちかけてください。それが私です。」と書いたら、本当に話し掛けてくれたのだ。

実はそのとき私はカキ氷ではなく、その横で水ヨーヨーを売っていたのだが、カキ氷のところでお客さんから「三陸」「釣り」という言葉が聞こえてきた。

あっ!クルーゼさんだ!

いやぁ、ついに会えましたねぇ。
今回は船越漁港に出陣とのこと。
爆釣祈願!!

そして、今度は一緒に釣りをしましょう!

【三陸岩手海釣り日記】
 

釣り大会

釣り大会「第1回ワーム対決大バトル」終了

「第1回 三陸岩手ロックフィッシュ・ワーム対決大バトル」は9月10日をもちまして終了しました。

今回はイワ太郎さんが手違い(seesaaブログのコメントの不具合?)で参加できませんでしたので、5名のエントリーとなりました。

あと1名のレポートが届いたら、その次の日か次の次の日くらい(忙しい又は面倒くさい場合は1週間以内くらい)に、結果発表をします。

お楽しみに!



第2回のワーム対決大バトルは、アイナメが本格的にのっ込んで来る時期に考えてます。

それまで、退屈な方は、
私と勝負しませんか?

どんな勝負かは、次回書きます。

【三陸岩手海釣り日記】

釣行記−出崎埠頭

洗脳

今日の午前中はヨットハーバーでシーカヤックに乗った。
2008-9-6(2).jpg

夕方からは家族で出崎埠頭へサバ釣りに。

今日は実は作戦があった。
妻を釣り好きにする洗脳作戦だ。

サバを釣らせて、釣りの魅力、そして醍醐味を実感させようという作戦。

竿は1本だけ。
エビを付けて妻に竿を持たせてサバを待つ。

いきなりキターーーーー!
22センチのサバだ。

その後も、爆釣ではないが、少しずつ釣り上げ、2時間ちょっとで4匹。
2008-9-6(1).jpg

暗くなったきたので、私は「そろそろ帰ろう」と妻に言った。

すると、妻のひと言。

アタリが来てるからもうちょっと待って



・・・・洗脳成功っ!! (^O^)/


【三陸岩手海釣り日記】
  

釣行記−蛸の浜

尺タナゴ

2008.9.4 朝6:00-10:00蛸の浜にて

なぜか朝5時半に起きた(ジジイか・・・)。
今日は仕事は午後からだ。

よし、サバを釣ろうと思い、食わせエビMサイズを冷凍庫から出し、蛸の浜へ。

撒き餌をしたら、速攻でタナゴが寄ってきた。
まあ、何も寄ってこないよりはいい、と思ってしばらくタナゴと戯れる。
タナゴと言ってもホンタナゴではなく「オキタナゴ」。
こっちでいう「トウクチ」だ。

サバの群れはまだか?

またタナゴと戯れる。
(釣れてる訳じゃなくてエサを取られてる・・・)

うーん、サバが来ない。
今日は帰るか・・・とその時!


ん?

よーく見ると、底に1匹の大きな黒い影が・・・。
30センチはあろうかという尺タナゴだ。

時々、プカプカと浮いてきたかと思うと、「お前ら偽タナゴは邪魔だ、あっち行け!」と言わんばかりにオキタナゴを突っついて威嚇している。

もうサバなど眼中にはない。
この尺タナゴをどうにかしてゲットしたい!
間違いなく強烈な引きを楽しめるだろう。

しかし、時々出てきたかと思うと、またヘチに消えていく。
隠れ家と思われる位置にエビを落とすが、小物がすぐに食ってしまう。
そんなじれったい釣りを繰り返しているうちに、ふと気がつくと腰が痛い。時間もけっこう経過しいている。撒き餌も残りわずか。

結局あきらめて帰宅。

本日の釣果。
タナゴに紛れ込んで偶然に釣れたサバ1匹。
小さなくせに結構な引きを楽しませてくれたオキタナゴ1匹。

以上、三陸岩手海釣り日記でした。


追伸:
第1回ワーム対決、ひつじさんから実釣レポートが届きました。
4名の実釣が終了。残り2名。
貧乏ルアー好きさん、イワ太郎さん、よろしく!


Powered by Seesaa