オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣行記−高浜

久々に高浜で釣り

【2009.1.26(月)10:00-12:00 岩手海釣り日記−いざ高浜へ】

もう3ヵ月くらい竿を握っていないような気がする・・・。(T_T)


実際には3週間のブランクだが、
ようやく本日、晴天の中、
釣りをすることができた。

もはや釣れる釣れないの問題ではない。

ブチヌキを握ってキャスティングできれば
それで良いのである。


とか何とか言っておきながら
やっぱりアタリを感じたい。
できれば引きを感じたい。



高浜にて2時間の勝負。
ブラーに塩エラコを付けて開始。



潮時表を見てこなかったが、どうやら超干潮。
開始して10数投はアタリすらなし。
やっぱりロックフィッシュシーズンは終わったのか・・・。

しばらくして、
カジカがヒット。^^;

まあまあまあまあ、
何も釣れないよりは いっか。



1時間くらいしてポイントを移動。

グググーッ!
おっ、キターっ!

久々に見るソイ太郎くん25センチ。
09-01-26.jpg


結局これが最後のアタリだったわけだが、
なかなか楽しませてもらった。

うん、満足。



ところで、
午前10時から午後2時まで、
まったく水なし、酸素なし(ビニール袋の中)だったにも関わらず、ソイくんは死ぬ気配なし。

いつもながら凄まじい生命力だ。

仕方ないので、生きているうちに捌くことに。

たぶんソイを捌いたことのある人ならご存知だろうが、
頭を切り落とした後も、エラ呼吸を続けるソイくん。


今日なぞは、さらに驚いたことがあった。


体側の内臓を取り除き、水洗いして少々の塩を塗り、ラップに乗せた時だ。
腹びれがかすかにヒク・・・ヒク・・・って動いている。

ま、まさか!気のせいだ! と思ったが、確かに動いている。


ちょっと気味が悪かったが、
夜には美味しくいただいた。
(それが最高の供養のはず・・・)



シーズンオフまでにあと何回行けるかなー。

【三陸岩手海釣り日記】

釣り雑談

気になること

どうしても気になることがある。



話は2006年5月にさかのぼる。

蛸の浜でブラーにイソメを付けてブロックの穴に落としていたときのこと。


まだ水温が低いらしくアタリが少ない中で、
20センチほどのアイナメが釣れてきた・・・・


・・・・・ん?

アイナメ?


い、いや・・・・

ギンポかな?

んんんんーーーっ?


なんと、アイナメだかギンポだか区別がつかないのである。


当時の私の釣り日記(ブログとは別の釣り日記)には、
「ギンポ」と記されている。

自分の中で「ギンポである」と決めつけて、
ケータイで写真だけ撮ってリリースした。


なんか、
見てはいけないものを見てしまった、
釣ってはいけないものを釣ってしまった、
そんな変な感覚が残った。




それ以来、なるべくその話題を避けてきたのだが、
どうしても時々ふと思い出してしまうのだ。

そして、ついつい写真を見て何度も何度も再確認をしてしまうのだ。

しかし、

見れば見るほど、
アイナメなんだかギンポなんだか分からない。










まずは、見てもらおう。









ipo.JPG


体つきや顔はアイナメ。
でも、背びれも尾ひれもギンポ。


これって、突然変異ってやつ?
それとも、異種交配ってやつ?
あるいは、交雑ってやつ?


つまり、
アイナメとギンポの雑種?


時々変なカレイが釣れたりしているのが新聞に載ってたりするが、
その類なのかな・・・。

ってことは、
オレ、価値ある魚を釣り上げたのかな・・・?




ライオンとタイガーの雑種は「ライガー」だよね。


ならば、
アイナメ+ギンポ、
名づけて「アインポ」。


・・・・あ、下3文字がちょっと危険なので、もとい。


アイポ

とする。

・・・なんか「禁煙パイポ」みたいだな。


アイポくんはいつの日かまた釣れるだろうか?


【三陸岩手海釣り日記】

釣行記−田老港

田老漁港にて盛岡組と一緒に釣り

田老漁港にて盛岡組と一緒に釣り
【2009.01.02(金)三陸岩手海釣り日記】

9時前に田老漁港に到着。
着いた瞬間、帰りたくなった。><

奥に見える防波堤のテトラから凄まじい波しぶきが上がっている。
壁画前の岸壁でさえ、波をかぶっている。
海が怒っているように見えた。

それでも根性でライフジャケットを着て防波堤に上り、テトラの穴にブラクリを落してみた。
大波がテトラの中までガツンガツン来ていて、ブラクリが底に着く前にあちこちに行ってしまう。全く釣りにならない。

あきらめて、待ち合わせ場所の遊覧船乗り場に行くと、クルーゼさん兄弟が到着していた。
が、遊覧船乗り場付近も荒波にもまれ海水も真っ茶色に濁っている。

仕方なく、魚市場側の内側へ。
すると、そこにはすでにY師さん親子もいた。

ついに、3者揃っての釣りだ。
ブログ釣り仲間のオフ会だぁ!


本来、3人で釣果を競い合って楽しく釣りをするはずが・・・、アタリすらほとんどない。
せめてカジカくらいは・・・と思ったが、それすら釣れない。
普段「外道」「雑魚」と忌み嫌っているカジカのリベンジかも知れない。^^;

結局ぼうずのまま3時頃に撤収。


宮古はここ数日、時化が続いている。
明日の予報も「3mのうねりを伴う波」である。

あぁ、連休中に40オーバーを1本釣りたかったなぁ。

ま、でも今日はクルーゼさん、Y師さんと一緒に釣りができたし、Y父さんともお話ができたので満足!ということで。


次回また海で会いましょう!
時化でない日に・・・。


【岩手海釣り日記】


Powered by Seesaa