オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣り雑談

鯨と海の科学館にて

【岩手海釣り日記 2009.7.5】

子供と約束していた山田町船越の「鯨と海の科学館」の見学に行った。

素晴らしく面白いわけでもなかったが、まあまあ楽しめた。

あるコーナーにあった「海の食物連鎖」の説明を噛み砕いて息子にしてあげた。

家に帰ると、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんを1人ずつ捉まえて、自慢げに説明をしていた。

なかなか出来た家族で、みんな「ふーん、へぇー、なぁるほど!お前はよく知ってるねぇ。」と反応してくれた。

息子のあの誇らしげな顔ときたら(笑)。

私としても一生懸命に説明した甲斐があったというものだ。



さて、私が興味を持って見たのは、
やはり中央にあるミニ水族館、というか水槽。

アイナメ、ソイ、カレイ、ドンコ、ギンポなど山田湾で獲れる魚が泳いでいる。

その中に、
ひときわ目立つゴツイ魚がいる。

7、80センチはあろうかという土管にすっぽりと入って、顔と尾ひれだけ前後からはみ出している。

顔は釣ったことも見たこともないゴツゴツした顔で、大きなキバが生えている。
そのくせ、つぶらな瞳だけが妙に愛嬌があり、なんとも言えない表情をしている。

水槽内の魚の説明板があったのだが、その魚だけは見つからない。

人間でいう98歳くらいのギンポなのか?

2009-7-5.JPG

2009-7-5up.jpg

写真を撮り、家に帰って友人に聞いてみると、
「オオカミウオ」だという。

自分でも調べてみると、なるほどオオカミウオだ。
ギンポの仲間らしいのだが、その恐ろしい顔つきから「海のギャング」と言われることもあるらしい。

よく水族館にいて、意外と大人しい魚だとか。
ただ、堅い貝殻も噛み砕く歯を持っているので、不用意に指で突いたりしない方が良いとも。

まあ、あいつを指で突付く奴なんか絶対にいないと思うが・・・。


帰りは駐車場でサッカーをやり、1日が終了。
結局今日も釣りはできなかった。

早く息子が釣りをできるようになればいいのだが。



Powered by Seesaa