オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣行記−浄土ヶ浜

浄土ヶ浜でボート釣りPart??

【2009.8.18 浄土ヶ浜でボート釣り パート??】

浄土ヶ浜のボート釣りはどーも相性が悪い。
他の人はあれほど釣果を出しているのに、私はいつも雑魚ばかり。

なんか最近は はなっから釣れる気がしない(泣)。

でも、負けっぱなしじゃ納得いかないし、それにマリンハウスのあぶらっこさんに「おぉ、すげーの釣ったなぁ!」って言わせたいので、今日も行くことにした。


しかし今日は息子同伴。


実は、息子は明日から二学期が始まる。

で、昨晩のこと。

今日たまたま仕事が休みだった私に「夏休み最後の日に何か楽しいことを」という妻からの指令が下ったのだった。


私「よーし、明日はボートに乗ろう!初ボートだ!」

息子「いーね、ボート、ボート!ぼく乗ってみたい。」

私「自分で漕ぐボートだぞー。」

息子「ぼく漕いでみたい。」

私「よし、約束だ。明日はボートに乗ろう。」


不審に思った妻のひと言。

「それって、釣りじゃないの・・・(-"-)」


バレてる・・・(汗)。



当日。

勢いで強行。


浄土ヶ浜に到着し、ボートに乗る。

息子は最初ちょっと恐かったようだが、すぐに慣れた。船酔いもないようだ。

しばらくすると、持ってきたオモチャで遊んだり、釣りをしてみたり、お菓子を食べたり、ボート上で最後の夏休みを満喫していた。


さてさて、肝心の釣りの方はと言うと、

リリースかキープか悩む程度のムラソイ、外道王のカジカ、半端なサイズのリュウグウハゼなど、息子曰く合計9匹だった。

最低でも30センチが欲しかった・・・なぜ釣れない・・・。


もう何回ここでチャレンジしたんだろう。
5回くらいは行ってるかなぁ。

どうもボートが流されてしまい、やりたいポイントでじっくり釣りができないという悩みが毎回あるのだが、次回は何か特別な作戦を立てて行くつもりだ。リベンジ、リベンジ、リベンジーーー!

最低30、できれば40UPを狙いたいものだ。


【三陸岩手海釣り日記】
 

釣行記−織笠漁港

久々。30の感触

【釣り日記 2009.8.2 山田町織笠漁港にて】

午後から息子を連れて織笠漁港へ釣りに出掛けた。

今日は久しぶりに青イソメを買って爆釣狙い。

家を出る時は、曇りで風もほとんどなく、釣りをするにはとてもいい感じだった。


しかし、織笠に着いたら雲ひとつなくカンカン照り。
そして、その天候とは裏腹に暴風が吹き荒れて海の表面がジャッポンジャッポンと跳ねている。

あちゃー、こりゃ釣りができる状態じゃない。

仕方なく、防波堤に座り込んでで息子と遊んで待つことにした。


30分経過・・・


1時間経過・・・・


1時間半経過・・・・・



ん?

か、風がやんだ!?


息子はガッカリしたようだったが、速攻で釣具を取り出し、仕掛けをセットした。


カレイ、カジカ、リュウグウハゼ、アイナメが釣れるが、サイズがイマイチで全てリリース。
(せめて小さなリュウグウならラグビー釣りをするのだが立派すぎる大きさ。)


仕掛けを投入してから1時間くらいだっただろうか。

ドッカーン!(実際にはチャリーン、という鈴の音。)

暴れまくりの末に出てきたのは、32センチのアイナメ。

やっぱり30オーバーのアイナメの引きはいいねぇ、素晴らしい!


続いて、

モゾモゾモゾ、グイグイ。

大きくはないけど、24センチのカレイだった。


他にも、
チビカレイ、チビアイナメ、チュウグウたくさん。

キープは2匹だけど数が釣れて楽しい釣りでした。

2009-8-2.jpg
こいのぼり状態の硬直したアイナメとカレイ

今日は息子にキャスティングの特訓を施してなんとかスピニングリールの扱い方を覚えさせた。

いつの日か、息子と釣果を競いたい。

そして釣った魚をつまみに酒を交わす。

それが私の夢なのだ。

【三陸岩手海釣り日記】




Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。