三陸岩手海釣り日記「たかが釣り、されど釣り」 > 釣行記−大浦漁港 > 大浦漁港で釣り

オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣行記−大浦漁港

大浦漁港で釣り

【2008.10.21(火)10:00-17:00 大浦漁港、大沢漁港】

今日は仕事は休みなので、見事な秋晴れの中、ひつじさんと ゆっくりと1日釣りをした。
初めてのところに行きたいと思い、船越半島は小谷鳥と大浦へ出撃!

・・・と思いきや、小谷鳥に着くと波が異常に高い。
防波堤も波をかぶっているところがある。

とりあえず安全策をとって、湾内の大浦漁港へ。
なるべく潮通しの良い湾の入り口に近い方の防波堤に決めた。
大浦はかなり水深がある。私の知る範囲では防波堤の中で最も水深が深いのではないか。足元でも8〜10mくらいはあったと思う。

大浦漁港で何が釣れるのか知らなかったが、とりあえずカレイ用の投げ竿とアイナメ用ブラーでいざ勝負!
エサもイソメ、塩エラコ、チカを準備し、万全の態勢。

アタリはある。
・・・しなしながら・・・釣れるのはリュウグウハゼばかり。
まるで「竜宮城」である。

そんな中、突然こんなんが釣れてきた。

2008-10-21.jpg

そう、初タコだ。
イイダコという小さなタコらしい(写真では大きく見えるけど)。

こいつが2匹も。
偶然とかではなく、大浦は普通にタコが多いようだ。

とにかくタコは初めてだったのだが、小さいとはいえ甘くみてはいけない。
吸盤は恐ろしいほど強力だし、けっこう攻撃的だし、スキを見せるとスミをプワーッと吐きやがるし、まったく手に負えない。

タコと格闘しているうちに、置き竿にカレイが掛かる。
20センチ弱1匹と極小2匹。

あとは、ただひたすらリュウグウ様ばかり。

竜宮城に飽き飽きしてストレスが溜まった我々は、ついに我慢ができず大沢漁港へ移動することに。


しかし、しかし、しかし、

大沢でも 釣れるのは竜宮様ばかり。
どうなってるのか?アイナメもソイもさっぱり釣れない。
どうやら山田方面の海は生態系が崩壊している様子である。^^;

どうにか、小さめのムラソイを釣りあげ「正規の引き」を1回だけ楽しめたが、暗くなってきたのでそれを最後に納竿。

まったくもって今日はリュウグウDayだった・・・。


イイダコとカレイは、唐揚げにして いただきましたとさ。


【三陸岩手海釣り日記】

<<カレイ釣り リベンジの巻 | 三陸岩手海釣り日記「たかが釣り、されど釣り」トップへ | 第2回 三陸岩手ロックフィッシュ・ワーム対決大バトル 参加者募集!!>>

この記事へのコメント

  • ロッカー
  • 2008年10月22日 01:14
  •  リュウグウDayでしたか…岩手の海底には竜宮城があるんじゃないかって思うほど、いっぱいいますよね。
     
     やっぱりリュウグウが多い=アイナメが少ないということになるんでしょうか?思えばリュウグウが釣れる日は本命に出会えないことが多い気も…

     とか語ってますが、ほんの数か月前まで、リュウグウやらアナハゼが1匹釣れるだけでも大喜びしていたのが僕です(笑)ギンポも初めて釣った時は、テンション上がりましたね〜。それが今では、外道はお呼びでないなんて偉そうに言うようになったなんて、全く人の欲ってものはとどまるところを知りませんね^^;
  • yumehomare
  • 2008年10月22日 12:44
  • 夏のキャンプの時、一人、大浦で遊んでいると、地元の漁師さんが来て、ポイントを教えてくれました。

    1週間後位に釣りに行ったとき、そこのポイントを攻めきれずに、諦めて移動すると、地元の人らしき人が、30分くらいで、結構大きいソイを6匹位釣って、あっという間に帰っていきました。

    でも、大浦といえば、イカじゃないですか?
  • Y師
  • 2008年10月22日 17:10
  • 大浦って風が強くないですか??
    私がいったときは、とても風が強くて…。


    りゅうぐうはぜ、砂地の魚、
    アイナメは、根のあるところを好む、、

    でもアイナメの胃の中に一番入っているのは、リュウグウハゼと甲殻類、、

    むずかしいところですね^^;;
  • 三陸ぼうず
  • 2008年10月22日 18:36
  • ロッカーさん
    私も最初はリュウグウハゼを釣って「綺麗な魚だ〜」って言って持って帰りました。
    アイナメ25センチなんていったら狂喜していましたね。
    ある意味「幸せ」でした。
    ギンポは最初から気持ち悪くて嫌いでしけど・・・笑

    yumehomareさん
    やっぱりポイント知ってると強いですね。
    でもそのポイントを探し当てるのが面白い!
    大浦はイカもかなり上がっていたようですが、私は昼間だったのでタコでした。
  • 三陸ぼうず
  • 2008年10月22日 18:40
  • Y師さん
    昨日は風もなく晴天で気持ちが良かったですよ。
    アイナメは根でじっとしている訳でなく、けっこう泳ぎ回って捕食しているらしいです(DVDで見た)。プロの釣り師もそれを見て驚いてましたね〜。
    だから根のないところでも、置き竿をしておくと、突然ドッカーンとデカアイナメが掛かることが・・・!
  • クルーゼ
  • 2008年10月23日 23:06
  • 去年、おいらがいったときは灯台付近でやったのですが、ソイ、アイナメつれましたよ^^
    根があったような・・・

  • クルーゼ
  • 2008年10月23日 23:11
  • 去年、大浦にいったとき、手前の灯台付近でアイナメとソイが結構つれましたよ^^
    根がかりがおおいのが><
    タコおいしそう^^
  • 三陸ぼうず
  • 2008年10月24日 08:22
  • クルーゼさん、ども。
    大浦って防波堤が3つありますよね。
    先日わたしが行ったのは、一番 湾の入り口に近い防波堤でした。根はなく深〜い砂地です。
    アイナメもソイもあまりおらず、カレイやタコ、あとは竜宮ばかり(タナゴもたくさんいました)。
    灯台もなかったので、クルーゼさんや他の方が言ってるのは、たぶん別の防波堤ですねー。
    車が停められる真ん中の防波堤かな・・・。
    いずれ、他の防波堤も後日攻めてみたいと思います。
  • 貧乏ルアー好き
  • 2008年10月24日 21:36
  • 大浦は意外と砂地が多いです。小さいアイナメもいますが・・・。
    イカは結構いいですね。
    ソイに関しては、ムラソイが湾の入り口に近い所のスロープで数が釣れます。クロソイは湾奥の藻がいっぱいある所に型がいいのが潜んでいる時が多い気がします。

    話は変わりますが、山田湾でヤリイカが始まったようですよ。まだ型は小さいそうです。

    重茂の状態は今ひとつのようです。もう少し水温が下がったらアイナメ釣りに出撃する予定です。浄土ヶ浜の方で少しアイナメが上がり始めたという情報が入っています。遊覧船が着く岸壁の奥の磯との事です。

    もう少ししたら、本格的に出撃をします。今度はフロロの4ポンドを辞めて、PEラインの0.8号とリーダーにフロロの6ポンドから8ポンドで釣ろうと思います。しかし、PEとリーダーを結ぶのは面倒ですね、・・・。
  • 三陸ぼうず
  • 2008年10月24日 23:14
  • 貧乏ルアー好きさん、こんばんは。
    けっこう皆さん大浦へ釣行してるんですねー。
    それにしても初めての釣り場はウキウキしますね。
    私の場合、まだまだ初めての釣り場はたくさんあるので楽しみがいっぱい!
    11月には第2回ルアー大会をやりますので、ロッドを磨いて待っててください。^^

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa