三陸岩手海釣り日記「たかが釣り、されど釣り」 > 釣行記−蛸の浜 > アイナメを見ながら釣る【三陸岩手海釣り日記】

オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣行記−蛸の浜

アイナメを見ながら釣る【三陸岩手海釣り日記】

2006-12-13.jpg

【2006/12/13 三陸岩手海釣り日記】

本日 代休日なり。
10日ぶりの釣行は蛸の浜(宮古市)へ。

蛸の浜には珍しく、見事な凪。
全く波風なし。水も全く濁っておらず底が丸見え

そんな中、釣果はアイナメ、カレイ、カジカ。
アイナメ38cmはわたしのアイナメ新記録

しかしながら、どうもしっくりこないのだ。

それは・・・

近くにいた漁師のおじさん(全く知らない人)に
突然「おーい、早く、早く」と手招きされて、
行ってみたら足元に大アイナメがいるではないか。
イソメを落としたら、パクリ。

・・・という釣り方だったからだ。

確かに強い引きが楽しめたけど、
「見えてる魚の口元にエサを落として釣る」ってのはどうも・・・。

海タナゴやチカはそれでも良いかも知れないけど、
アイナメやカレイは底を想像しながら竿の先端に集中するというのが醍醐味。
そういう意味で、どうも手放しで喜べない新記録となってしまった。

とはいえ、通る人が釣果を覗き見る時に備えて、バッカンを全開に。
自分もなかなかの小市民ぶりである(汗)。

しかし、ああいう"乗っ込み"を始めたアイナメが
あんな足元の平地でフラフラ〜としているのを見ることができたのは非常に参考になった。

乗っ込み期は必ずしも根などのロックフィッシュポイントだけではないようだ。
足元の何の障害物もない平地をフラフラ〜としてる時もあるのだ。
ブラーやワームなどで広く探ってみるのがいいかも知れない。


あ、そうそう少し前にニュースを賑わせた「エチゼンクラゲ」が
ここ岩手でもあちこちで出没している。
今日も50cmを超えてるだろう巨大エチゼンクラゲを発見。

写真はエチゼンクラゲのページでどうぞ。

<<エチゼンクラゲは宝の山?【三陸岩手海釣り日記】 | 三陸岩手海釣り日記「たかが釣り、されど釣り」トップへ | エチゼンクラゲのアイスクリーム【三陸岩手海釣り日記】>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa