三陸岩手海釣り日記「たかが釣り、されど釣り」 > エチゼンクラゲ > エチゼンクラゲとは?【三陸岩手海釣り日記】

オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

エチゼンクラゲ

エチゼンクラゲとは?【三陸岩手海釣り日記】

 エチゼンクラゲくんに俄然興味が出てきたので、調べてみた。

----------------------------------------------------------
 日本近海に出現する鉢クラゲ類の中で最大となるエチゼンクラゲは、今から約85年前(1920年大正9年)に福井県高浜町音海(おとみ)沿岸に設置された大型定置網で確認され、その場所が越前(えちぜん)地方(福井県)であったことから、エチゼンクラゲと呼ばれるようになりました。和名ではそう呼ばれていますが、決してこの地域で発生しているものではありません。
 このクラゲの大量発生により、多くの漁業者に影響を与え“厄介物”として扱われ、関係者により様々な対策が考えられています。

【形の特徴】
 傘はボールを2つに切ったような半球状で、直径は60〜100cm、まれに200cm(体重60〜150kg)にもなります。色は、半透明のベージュ、グレイ、ピンク色で表面はザラザラしたサメ肌状です。
 大きな傘の下から垂れ下がった太い足のような部分を口腕と言いますが、その先の方はシャープな三角形状で、先が左右に向かっています。
口腕の下には細いひも状の触手(しょくしゅ)の他、チョコレート色の長い糸状付属器が多数あり、その長さは傘径の3〜5倍(最大5m以上)にもなります。
寿命は1年以内と言われています。

(by 元福井県栽培漁業センター所長 安田徹)
----------------------------------------------------------
2006-12-13echizen.jpg
私の撮影した岩手のエチゼンクラゲくん

<<エチゼンクラゲの発生原因は?【三陸岩手海釣り日記】 | 三陸岩手海釣り日記「たかが釣り、されど釣り」トップへ | 巨大エチゼンクラゲ【三陸岩手海釣り日記】>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。