三陸岩手海釣り日記「たかが釣り、されど釣り」 > 釣り餌(エサ) > サンマの切り身を釣り餌(エサ)に【三陸岩手海釣り日記】

オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣り餌(エサ)

サンマの切り身を釣り餌(エサ)に【三陸岩手海釣り日記】

サンマの切り身を釣り餌(エサ)にする【三陸岩手海釣り日記】

これまでサンマの切り身で釣った魚は、アイナメ、ソイ、ドンコ、カジカなどである。
特にソイ、カジカに効き目があるように思う。ってゆーか、ソイとカジカは何でも食いつくだけなのだが(笑)。

ただ、年末年始あたりの釣行で、イソメを使っていた友人はアイナメばかり、サンマを使っていた自分はカジカばかりという結果から、やはりカジカ、特にデカカジカはサンマの切り身がお好みであるようだ。
これがサンマの切り身で竿を折りそうになりながら釣り上げた39cmの豚カジカ、じゃなかった、ギスカジカ。
tt_2006-12-31.jpg
この日の釣行記はこちら

しかし、笑えるのは、たまにエサの大きさとほとんど変わりない大きさの魚が釣れること。どうして魚って身の程知らずっていうか、食いしん坊なんだろう。そんな奴を釣った際には「お前、無茶すんなよ・・・」とついつい口ずさんで笑ってしまうのである。


サンマの切り身は、比較的簡単に作れる。その辺の魚屋かスーパーでサンマを買ってきて、三枚におろして冷凍しておく。釣りに行く際に、短冊形に切って持って行くだけだ。塩漬けにしておけば長持ちするのでなお良いと思う。

サンマの切り身は釣りエサとして安く済むし、簡単に手に入るし、結構気に入っているが、私個人が感じる欠点がいくつかある。

 1.一度触ると臭いがなかなか取れない
 2.脂ぎっているので指がどんどんヌルヌルになる
 3.アイナメを狙っている時も、先にカジカが食ってしまう
 4.たまに包丁をもって自分で準備しようと思うと手を切ってしまう

(まあ、私が問題だらけなだけなんですが・・・)

手の臭いやヌルヌルが気にならない方、特にカジカを狙って釣りたいという方、包丁捌きが上手な方は、何の問題もないでしょう。

まだ使ったことがない方は、ぜひサンマの切り身を使ってみてください。

<<ペンタイプの超小型ロッドを通販で購入【三陸岩手釣り日記】 | 三陸岩手海釣り日記「たかが釣り、されど釣り」トップへ | またも釣りで死者【三陸岩手海釣り日記】>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa