三陸岩手海釣り日記「たかが釣り、されど釣り」 > 釣行記−高浜 > 釣れない釣りをする【三陸岩手海釣り日記】

オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣行記−高浜

釣れない釣りをする【三陸岩手海釣り日記】

【2007.3.25 三陸岩手海釣り日記】

今日は朝から妙に暖かかった。
何かと忙しいのだが、前回の釣行(釣行と言えるのかどうか疑問だったが)からもう20日以上、竿を握っていない。

もはや釣れるとか釣れないの問題ではない。
竿を持ちたい、仕掛けを投げたい、リールを巻きたいのである。

釣り吉からすれば「極めて当たり前のこと」なのだが、妻に言わせれば「病気」なのだ。

とにかく午後から行こうと決めた。
選択肢は2つ。
1つは、一人で釣れそうなところに行き、釣れる釣りをする。田老漁港のテトラ狙いといったところか。
もう1つは、息子を連れて釣れない釣りをしにいく。波のない比較的安全な高浜あたりになるだろう。

しかし迷うまでもなく、妻の命令により後者に決まった(泣)。

いつもの高浜に行き、釣れても十数cmのカジカ、あわよくばソイという感じで釣りを開始。もちろん息子にはライフジャケットを着せ、オモリだけを付けた竿を用意した。いつものように息子は飽きてくると竿を大きく振る。針が付いていないとはいえ危ないので何度も注意をする。

私「このオモリな、頭に当ったら痛いぞ〜。気をつけた方がいいんだぞ。」
息子「うん、わかった。」

その直後である。
「いたたたた・・・」
小さな声が聞こえる。
思った通り、竿を振って自分の頭にオモリをぶつけたのだ。
その後、息子はおとなしくなったが、肝心の私の竿はピクリともしない。
予想通りといえば予想通りなのだが、既にブラーを2つロストしていることもあり、せめてアタリだけでもこの手で感じたいと思い、キャスティングを続けたが無駄な抵抗だった。

結局、釣れたのは丸々と太った海鼠(ナマコ)1匹。

 「小石にも 魚にもならず 海鼠哉」(子規)

まあ、今日は息子と遊ぶことができたし、潮風にあたることができたので良しとしよう。
 

<<海鼠(なまこ)を考えてみる【三陸岩手海釣り日記】 | 三陸岩手海釣り日記「たかが釣り、されど釣り」トップへ | エチゼンクラゲをおいしく食べる加工マニュアル刊行【三陸岩手海釣り日記】>>

この記事へのコメント

  • つり政
  • 2007年03月25日 23:56
  • トラックバックありがとうございました。
    20日間も竿を握れなきゃさぞかし辛かった事でしょう。気持ちは良く理解できます。
  • アンブレラ
  • 2007年09月21日 03:40
  • 北海道道南の釣り情報です。よかったらどうぞです。

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。