三陸岩手海釣り日記「たかが釣り、されど釣り」 > 釣り雑談 > ホヤの危機【三陸岩手海釣り日記】

オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣り雑談

ホヤの危機【三陸岩手海釣り日記】

ホヤの危機【三陸岩手海釣り日記】

釣りの話ではないが、今回はホヤ(海鞘)について。

ホヤは独特の香味と味覚で酒の肴として珍重される「海のパイナップル」と呼ばれる海産物だ。とてもパイナップルのような美味しそうな外見ではないが、似ていると言われれば、全く似てない訳でもない。
居酒屋で、刺身、酢の物などで食べることが多いが、正直私はあの微妙な苦味があまり好きではない。

しかし、このホヤ、東北人以外は知らない人が多いのではないだろうか。パソコンでも「海鞘」という漢字は出てこない。それだけマイナーなのだが、今年になってニュースに出ることが多くなってきた。
hoya.jpg

2007年3月に、宮城県南三陸町歌津末の崎沖で、殻が軟化、破裂する被嚢(ひのう)軟化症を発症するホヤが見つかった。感染症の恐れがある韓国産のホヤ種苗が宮城県に輸入されたのが原因なのだろうか。そして、宮城県では最低5年間はホヤの養殖休止とのことだ。ホヤのシェアは宮城県約80%、岩手県10〜20%ということなので、今後は岩手産のホヤが重宝されるかも知れない。

実はホヤは釣りでも使われる。
ウミタナゴをホヤで釣っているベテラン釣り師を見たことがある。
小さく3〜5mmの正方形に切った黄色のホヤを針に付けて垂らすと、アミエビより食いが良いようだ。当然のようにベテラン釣り師はウミタナゴの大漁。

今期は私も使ってみようと思っていたので、あまりホヤが値上がりすると困るのである。

三陸岩手海釣り日記

<<ナメタガレイ36cm!吉里吉里にて | 三陸岩手海釣り日記「たかが釣り、されど釣り」トップへ | 釣り日記−最悪の1日>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック

  • 宮城でホヤの養殖を休止、感染症の疑い
  • 恐れていた事が現実になったという感じですね。 韓国産の種ホヤを輸入していた事をニュースで聞いたときから、ヤバい状況だとは思っていたんですが。。。しかも感染症の疑いのあるホヤが見つかったのは、ほぼ地元..
  • 2007-06-14 13:52
  • 天使のたまご


Powered by Seesaa