三陸岩手海釣り日記「たかが釣り、されど釣り」 > 釣り雑談 > アイナメの水中映像!

オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣り雑談

アイナメの水中映像!

釣り人にとって、水中映像ほど興味深いものはないと思う。

魚たちは、どうやって岩に潜み、どうやってエサを追い、どうやって食いつくんだろう。

そんな疑問に見事に答えてくれるDVDがあった。

今日、久々に暇ができたので、海に出掛けた。
まあ、予想はしていたが、荒れ放題荒れていて、水も茶色に濁っていた。
とても竿を出せる状態ではなかったので、断念して家に戻り、年末に買ってあったDVDを観た。


その名も、『アイナメUnder Water』


”三陸の根魚ハンター”佐藤文紀プロが、6月の秋田にてワームでアイナメを狙う。
アイナメ50オーバーやベッコウゾイをばんばんゲットする。

そして圧巻は・・・、

「おぉ!アイナメがワームを追う水中映像が!」

「プロのワームの動かし方が鮮明に見て取れる!」

「根掛かりの真実がーっ!」


ロッド選びなどもひじょーに参考になったし、私にとってはすっげー勉強になってしまった。

釣りをしている時、何が楽しいかって、海の中で何が行われているのかを想像するのが面白いわけで、今後はその想像が今まで以上に具体性をもって現実に近い形で想像できるようになるわけだ。

しかし、アイナメがあんなに回遊する魚だとは思いもしなかった。

今後はアイナメ攻略法も少し異なるだろう。

よし!今シーズンこそワームで50オーバーだっ!!

【三陸岩手海釣り日記】

<<大興奮!釣りDVD「大型ロックフィッシュ攻略ガイド」 | 三陸岩手海釣り日記「たかが釣り、されど釣り」トップへ | 釣り初め(高浜)>>

この記事へのコメント

  • あたり松
  • 2008年04月27日 10:15
  • 三陸ぼうずさん、お久しぶりです。
    待ち遠しいですね。シーズンイン!

    準備は進んでますか?
    私は、竿とリールを買い足し、ラインを交換し、
    色々、仕掛けをセッティングしているところです。

    でも、正直、もう待てません!!
    限界です!
    気が狂いそうです!!(爆)

    水中の魚の様子は、常々想像を巡らしておりますが、実際のところを私も見てみたいです。
    DVDかおうっかな・・・?!

    この冬眠期間に、ネットで釣りの情報を探っていたら、偶然に面白い水中写真を見つけたので、
    紹介します。

    http://jigfishing.net/oval_tekunic.htm

    魚種は何でしょうか。
    (左側写真はメバル?)
    ブログを読むと「活性が高い」状況とか・・・。
    底面でふわりと浮いた魚君たちが、少し斜め上を見上げ、落ちてくる餌を待っているように見えます。

    ※藤原埠頭は、いまだに「立ち入り禁止」でしょうか。

  • 三陸岩手海釣り日記
  • 2008年04月27日 14:20
  • ------------------------------------------------------
    あたり松さん、どもです。

    やっぱ しばらく竿にぎってないと
    気が狂いそうになりますよね!(笑)

    サイト紹介、ありがとうございます。
    アイナメが浮き袋がないから泳がないとプカプカ浮くわけではない、でもソイは・・・なんて、すごく興味深いですね。

    船(沖)では活性化しているようですね。
    でも堤防釣りは、友人の釣果を聞くところによると、限りなくボウズに近い状況です。私もボウズだったし・・・。(磯は分りません。)

    漁師のおじさんに聞いても、
    「まだ水温が低い!」のひと言です。

    もう少し経てばきっと防波堤にも入ってきますよ!
    そのときは、ガンガン竿をしならせましょうぞっ!

    ※藤原埠頭は当分見込みないと思いますよ。
    1箇所侵入できるところがあるのですが、バレると警報がなってお縄になります。

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa