オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣行記−山田漁港

アジ&サバ釣り

【2008.9.21(日)11:00-14:00山田漁港、14:30-15:00出崎埠頭、15:30-18:30日立浜】

今日も家族でドライブ&フィッシング。
以前は妻は釣りに行くのを嫌がっていたのだが、最近はアジ&サバ釣りなら迷わずOK!

ということで、今日はアジ&サバ釣りに山田漁港へ。
途中の釣具屋で、冷凍アミ、食わせアミエビS、イソメ500円、さんまの切り身、合計1400円分のエサを購入し、気合いの釣行。

サバ&アジ用に2本、アイナメ・カレイ用に1本の投げ竿、オールマイティとしてルアーロッド1本の計4本の竿を準備した。

しかし、しかし。
気合いを入れると大抵は雨という雨男のワタシ。
今日も見事に雨模様。それでも降ったりやんだりだったし、せっかくお弁当持参のファミリーフィッシングだったので決行。

開始してから30分くらいはアタリもなく何も釣れなかった。
しかし、サバ狙いの竿のウキが突然グーッと潜る。

デカい、暴れる、強烈な引き!
25センチのサバだった。
これは良いサイズだ。これまでの釣ってきた防波堤サバの中でも最も良型だ。
大漁したい・・・が、なかなか敵も手強い。
なかなか簡単には食わない。

それでも何とか3匹釣ったが、雨足が厳しくなり撤退を余儀なくされる。

戻る途中で雨があがることを期待しながら、出崎埠頭へ移動。
出崎埠頭に着くと雨は小降りになったが、肝心のアタリがない。
30分アタリが1回もなかったので、すぐに日立浜へ移動。

日立浜には相変わらずアジがいたので、アジ釣りに専念。
ここでは妻と息子のみが竿を出し、私は「エサ付け係り」&「釣れたアジ・サバのハリ外し係り」(泣)。

妻と息子は大興奮。
入れ食いのアジに加えて、時々混ざる20センチ級のサバに興奮していた。

本日の釣果は、
サバ6匹、アジ45匹、アイナメ1匹でした。
2008-9-21.JPG

ウチの神様(妻)は、かなり釣りが好きになってきた様子。

次なる目標は、
エサを自分で付けられるようになってもらうこと、である。^^;


【三陸岩手海釣り日記】

釣行記−山田漁港

アイナメ入れ食い、だけど・・・【三陸岩手海釣り日記】

2006-12-23.jpg

【2006/12/23 三陸岩手海釣り日記】

第3回のサークル釣り大会を山田漁港で実施した。

今回のルールはアイナメ、ソイ、カレイ、その他の4種でそれぞれ1位、2位、3位にポイントを設け、総合点で競うというもの。

したがって、いろんな仕掛けでポイントを移動しながら釣った。

前回の山田釣行で30オーバーのアイナメを上げているので、
今回はもっと大物を期待していたのだが・・・、
結果は全種目で30を超えることはできなかった。

金のキャスティングブラーでアイナメの入れ食いのポイントも見つけたが、すべて小粒でリリースサイズ。

山田はスレぎみで小物が多いようだ。
数釣りは楽しめたが、うーん、やはり大きいのが上らないとねぇ。

まあ、4種を無難に揃えて優勝できたのが唯一の救いだ。

釣行記−山田漁港

お節介なオジサン【三陸岩手海釣り日記】


【2006/11/23 三陸岩手海釣り日記】

山田ではあまり釣果をあげていないので、良い印象を持っていない。
そんな山田漁港に今日は満を持して臨んだ。
満を持してと言っても、所詮は家族でお弁当を持ってのピクニック釣行。

基本的にはカレイ狙い。

結果は、まあまあの釣果だった。
アイナメ6匹(最大30.5cm)、カレイ5枚(最大17cm)、他カジカ、リュウグウハゼ(こんな時期にもいるんだねー)など。

お目当てのカレイも釣れたのだが、どれもサイズが小さくてガッカリ。

s_2006-11-23(1).jpg

さて、タイトルにある「お節介なオジサン」の話。

少し離れたところで釣りをしていたオジサンが「釣れましたか?」と聞いてきた。
「小さなカレイくらいですね。」と言うと、しばらくして、また来た。

今度は息子に「大きい魚を見せてやるからおいで」といい、
釣った魚を自慢げに見せるのだ。
20cm後半程度の自慢するほどのアイナメでもないのに。

またしばらくして、ワームで遊んでいたらタナゴが集まってきたので、
息子が落ちないように支えながら魚の群れを見せてやってたら、
「危ないよ〜」と寄ってきた。ライフジャケットも着てるし、
何より父親が危なくないように息子を支えているのに・・・。

極めつけは、「ほらこれあげるよ」と言って持ってきたのは、
15cmくらいのアイナメ。
しかも、完全にくたばっている。

一応お礼は言ったが、、、

息子の遊び用にチビアイナメ1匹をキープして既に遊ばせていたし、
その他の20cm以下のアイナメは全て即リリースしているのだ。

うーん、親切に基づく行為なのだろうが、うーん、有り難いのだが、
何と言ったらいいか・・・うーん、うーん、言ってしまおう。
 ・
 ・
 ・
 ・
ウザイ


Powered by Seesaa