オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣行記−宿漁港

時化の中での釣り大会

時化の中での釣り大会
【2007.9.2 三陸岩手海釣り日記】

宿漁港にて、6人でミニ釣り大会を実施した。
釣り経験者と未経験者で組むチームを3つ作り、10:00〜13:00の3時間でゲームをした。勝敗は釣った魚の大きいやつ3本の合計サイズで決める。ターゲットは一般的に食べる魚ならOK。

楽しみにしていたのだが、時化もいいところで、防波堤の先端は波をかぶっている。
命の危険を感じながらも(そんなに危ない場所には行っていないが)、優勝目指して必死に釣りに集中した。
しかし、雨続きで水が濁っている上に波で荒れているため、アタリすらない。

後半にきて、初心者のパートナーが「釣りましたっー!」と叫んでいるので、見てみると9cmのムラソイ。笑えるくらい小さい。使い捨てライターほどの大きさである。
しかしながら、他のチームがぼうずであれば9cmでも優勝の可能性はある。
続いて、私が更に小さな8cmのソイを上げる。今度はライターどころか消しゴムくらいの大きさだ。釣り人としての威信に関わるが・・・キープ。

結局、私のチームは9cm+8cm=17cm。
使い捨てライターと消しゴムとはいえ、他チームがボウズなら優勝も・・・と期待していた

が、残念ながら最下位。

でも優勝したチームといっても、サバ20cm+アイナメ10cm+ソイ8cm程度だ。2位のチームも、12cm+11.5cm程度だった。

釣りとしては最悪の環境だったが、仲間と一緒に釣りをするのは楽しい。チームを作って競争するのは、なお楽しいものだ。

豆ソイ
使い捨てライターと消しゴム ^_^;

【三陸岩手海釣り日記】

釣行記−宿漁港

釣り日記−最悪の1日

釣り日記−最悪の1日
【2007.6.14 三陸岩手海釣り日記】

最悪の1日は宿漁港での釣りから始まった。
平日休みを利用して、朝7時から久々に宿漁港へ行ったのだが、予定していた防波堤先端のポイントは工事をしていて入れなかった。仕方なしに手前で釣りを始めるも、干潮で底がハッキリと見えていて釣れそうな雰囲気ではない。岩の陰に落とすとそれなりのアタリはあるもののヒットには至らず。

宿漁港は1時間ほどで見切りをつけ、日出島に移動。
さて、日出島も一番行きたかったポイントは漁師さんたちの作業で入れない。仕方なしに別ポイントで釣りを始めるも、宿以上に底が浅く全く釣りにならない。ここも1時間ほどで何も釣れないまま退散。

このままでは帰れないと思い、出崎埠頭へ。
まずは元旦に45cmのアイナメを釣りあげたポイントへ。しかし、さっぱり動きがないので、河口付近へ移動。それでも音沙汰なし。妻からの「帰れ」命令により昼前に納竿。

結果、3箇所をハシゴして頑張ったが見事なボウズ。3連敗。「釣りをしている以上、こういう日もあるさ」とあきらめの境地で帰路についた。が、まだこの日のアンラッキーは続く。

ボウズのストレスを少しでも吹き飛ばそうと景気のいい音楽を聴きながら運転をしていた。ふと気が付くと、後ろでパトカーが何か言っている。音量を下げて聴いてみると、「5××3の車、止まりなさい。」と言っているではないか。そう、一時停止違反を犯したのである。罰金7000円の2点減点だ。

ツイてない日ってのは、こういうもんだ。
妻にこっぴどく叱られたのは言うまでもない。

こうなりゃヤケだとばかりに、今日は私のおごりで一家で焼肉に行くことにした。
3軒ハシゴして1匹も釣れなかったストレスと罰金7000円のショックをビールと焼肉で少しでも和らげようと思う。

では、いざ焼肉屋へ

【三陸岩手海釣り日記】

釣行記−宿漁港

低気圧のツメ跡【三陸岩手海釣り日記】

【2006/11/1 三陸岩手海釣り日記】

久しぶりの宿漁港への釣行も見事にボウズ。
しかし、10月の低気圧の被害の大きさを改めて目のあたりにしたわけで。
自然の脅威を皆さんもご覧あれ。

s_2006-11-1(1).jpg

s_2006-11-1(2).jpg

s_2006-11-1(3).jpg

釣行記−宿漁港

我流脱却の釣行【三陸岩手海釣り日記】

s_2005-9-24(4).jpg

【2005/9/24 三陸岩手海釣り日記】

ついに我流から脱却する時がきた。
釣りを教えてくれるK君が出現したのだ。

早速一緒に宿漁港へ釣行。
しかし前日の事前会議で飲み過ぎてしまい、早朝の出発予定が午後3時からの釣りに。

初の冷凍アミ、初の塩エラコ、初のクロソイ、初のフグ。
いろいろ教わり初めてづくし

「ガツン、グググーッ。」
クロソイは明らかに今までの小物とは違うアタリと引きだった。
アドレナリンが一気に噴出した。

女房に捌いてもらって、初めて自分が釣った魚を焼いて食べた。
断固美味かった。

それにしても、肝心のクロソイの写真を撮らず、フグ君がぷく〜っと膨れている写真だけしかないとは・・・不覚。


Powered by Seesaa