オーシャン・フィッシング
他にはない激安釣具を豊富に取り揃えています。初めて釣りをする人でも安く揃えられる釣具を!そしてベテラン釣り師にも納得できる釣具を!

水谷つり具 楽天市場支店
「良い品をどこよりも安く」がモットーの明日のレジャーを創造する水谷つり具です。リール・ロッドなど楽天最安値に挑戦中!

釣具のポイント i ショップ
創業63年、日本国内に64店舗、海外3店舗で釣り具・アウトドア商品を販売する『釣具のポイント』が運営するオンラインショップ。

釣り日記−磯

磯の大物

【2009.10.31 岩手海釣り日記 重茂半島 とある磯にて】

今日は、第2回ワーム大会ワールドチャンピンの
貧乏ルアー好きさんと重茂半島の磯へ釣行。

ワームで大アイナメ狙い。



釣りを開始してから30分も経たないうちに
水深2mあるかないかという浅場にて
ドンッと来たので一気にぶっこ抜く。

出てきたのは なんと!
47センチのビール瓶、いや一升瓶サイズのアイナメ。

20091031.jpg

続いて30センチ弱がヒット。

その後もアタリがたくさんくるもショートバイトでなかなかヒットせず。








・・・・というのは、全くのデタラメ。

上記の釣果はぜーんぶ貧乏ルアー好きさんの話。


私はというと、
20センチ程度のクジメ1匹・・・_| ̄|O

最低30センチを目標にしていたので全くの不本意ではあったが、
磯の雰囲気を満喫できたので まあ満足。

ただ、

MyロッドとMyリールが明らかに磯釣りに対応できていないことを実感。
(一度だけなかなかのサイズと思われるアイナメがヒットしたが
 途中の岩群を越える前に潜られてプツンッ・・・)

さらに、ワームアクションもまだまだ未熟であることを痛感。

でもね、
ルアーフィッシングは奥深い。
積極的に攻めまくって魚を騙すわけだから。

如何にして騙すか・・・まるで詐欺師だな(笑)。


でもこれを極めれば大嫌いなイソメいらず。
「イソメ要らず」のために頑張らねば。


さてさて、

貧乏ルアー好きさんのゲットした鮭のような巨アイナメは
私がもらって持ち帰りましたとさ。

その巨アイナメについて
私が家族に何て報告したかは・・・・・ひ。み。つ。 (-。-)y-゜゜゜


【三陸岩手海釣り日記】

釣行記−浄土ヶ浜

久々のヨロイメバル

【岩手海釣り日記 2009.10.25】

午後、浄土ヶ浜で息子とボート釣りをした。

エサは使わずルアー(ワーム)のみ。

今日の作戦は、すぐ流されてしまう手漕ぎボートを息子に漕がせて、自分はせっせと釣りをする。(無理強いしたのではなく、息子が「ボート漕ぎたい」って言ったのである。)

その作戦も序盤で失敗。
息子の奴が「寒い」と言いだして、亀のようにライフジャケットの中で丸まってしまったのだ(そのくせ元気に歌などを歌っている)。

仕方ないので、いつものようにブイにロープをつないで(波風のため時間がかかったが)、ワームをひたすら投げた。

結果は、小さなソイとヨロイメバルの2匹。
どっちもリリースしたけど、ヨロイメバルはたまにしか釣れないので、記念撮影。

20091025.jpg

水がとても温かった。
あれじゃまだアイナメくんは入ってこないねー。

もう少しの辛抱かな・・・。

【三陸岩手海釣り日記】

釣具

フロロカーボン

貧乏ルアー好きさんのアドバイスで
ルアー用のラインをナイロンからフロロカーボンに変えてみた。
バークレイのバニッシュウルトラってやつに。
(値段がちょっと高かったけど頑張ってみた・・・ ^^;)

今日は仕事が午後からなので、早速、
8時から9時半まで日立浜で初フロロ体験。

これまでラインごとき大した差はない、と たかをくくっていたのだが、
はっきり言って驚いた。

ここまで違うか・・・ってね。


まず、ワームが沈むスピードが違う。
そして、底の様子が手に取るように分かる(ちょっとこりゃ大袈裟かな・・・)。

でもホント今までは「底についたのかな?」「岩か?アタリか?」みたいな
ところがあったのだが、

今日は、
「底着したな」
「かなり小さな岩がゴロゴロしてるな」
「ここは藻があるな」とか、
結構はっきりと分かった。


うーん、知らないってのは恐い。
我流には限界があるのかな、、、限界まで行ってないけどさ、、、笑。

でも軽自動車で登り坂をエッコラヤッコラと走った経験があるから、
高級車の快適さが身にしみる。


フロロお約束のバックラッシュも数回やったが、
20センチ程度のソイを2匹釣った。

200910210926000.jpg

今シーズンはルアー(ワーム)フィッシングを極めて、

根魚ならルアーの方が生き餌よりずっと釣れるよ?知らなかったの?

などと平然と のたまいたいものだ。

【岩手海釣り日記】

釣行記−日立浜

久々にワームでロックフィッシュ

【三陸岩手海釣り日記 2009.10.3(土)15:30-16:30日立浜】

午後3時に帰宅した。
で、5時にはキャベツと卵を買ってこなければならない。

近場であれば1時間くらい出来る。

ということで、
日立浜で久しぶりにワームを投げた。

最初は赤の3.5インチ カーリーテイルでアタリなし。
次にエコギアのミノーS(ドジョウ色)に変えたら、、、

20091003.jpg

23センチのでっぷりとしたソイ。

でも今日は”魚類持ち帰り禁止令”が出ていたのでリリース。

やっぱりワームで釣るって気持ちがいい。
なんかすごーく嬉しかったね。

【岩手釣り日記】

釣行記−出崎埠頭

アジ100匹


【岩手海釣り日記 2009.9.26 1:30-4:00】

午前中は息子の授業参観。
午後は時間ができたので軽く釣り。

先日の豆アジのマリネがまた食べたくて、なあどの裏でアジ釣り。

冷凍ブロックアミを3.5号袖バリに付けて、アジ総攻撃開始。
若干小粒だが入れ食い状態。

50匹いったかなーと思った頃にスレてきた様子。

30メートルほど移動して、新たなアジ群にターゲット変更。
しばらくすると、深いタナでアジが釣れだす。
再び入れ食い状態に。

100匹くらいいったかなーというあたりで撤収。
数えてみたら93匹。
2009-9-26.JPG

半分はマリネ、半分は唐揚げで美味しくいただきました。∧_∧
2009-9-26(2).jpg

それにしても、今期はほんとサバがいないねー。
どこ行ったんだろ。

【三陸岩手海釣り日記】

釣行記−日立浜

アジ18匹

【岩手海釣り日記 2009.9.21】

今日は息子がどうしても浄土ヶ浜でスワンボートに乗りたいという。
しかし、天気予報を見たら、波が高くうねりを伴い風も強い。

「今日は無理だ」と話すと、どこでもいいから「連れて行け」と駄々をこねるので、日立浜にアジ・サバ釣りに行くことにした。

冷凍アミを買いに釣具屋に行き、情報を仕入れた。
アジは釣れているが、サバはあまり来ていないらしい。

なので、アジに照準を合わせて釣りを始めた。

波があって水面はゴミが目立ち、おまけに風が強くて環境は決して良くない。


撒き餌を撒いてからほどなく、20センチ以上ある回遊魚の群れが集まってきた。


サバか!?


いや、泳ぎがサバほど速くない。
きっとウグイだろう。
こいつらがいる間はエサを落とすわけにはいかない。

しかし、良く見るとアジらしき小魚の姿もチラホラ見える。
ウキ下を短くしてから、思い切ってエサを落とす。

まず思惑通りに上層のアジがヒット。
「よし、行ける!」と思ったのも束の間。

二投目にウグイらしき影がエサに食いついてきた。

「ゲッ、食いやがったな」

頑張って格闘するも、あえなくプツッ。
ナイロン0.4号が耐えられるわけがない。

以後、ウキ下をもっと短くしてアジを狙う。

息子にもヒット。
大喜びで「早くエサをつけてくれ」と意気込んでいる。

それ以降、私は完全に息子のエサ付け係り&アジの針外し係り。

ウグイの大群も見えなくなり、50匹くらいは行けるかと思いきや、アジくんは1時間も経たないうちにピタッといなくなり、結局大半は息子が釣ったアジ18匹という釣果に終わった。
2009-9-21.jpg

まあ息子の偵察によると隣りは4匹だったようなので、ちょっと誇らしげな気持ちで帰った。

アジはマリネにしてビールと一緒に美味しくいただいた。

連休中にあと1回釣りをしたいなぁ。

【三陸岩手海釣り日記】
 

釣行記−浄土ヶ浜

浄土ヶ浜でボート釣りPart??

【2009.8.18 浄土ヶ浜でボート釣り パート??】

浄土ヶ浜のボート釣りはどーも相性が悪い。
他の人はあれほど釣果を出しているのに、私はいつも雑魚ばかり。

なんか最近は はなっから釣れる気がしない(泣)。

でも、負けっぱなしじゃ納得いかないし、それにマリンハウスのあぶらっこさんに「おぉ、すげーの釣ったなぁ!」って言わせたいので、今日も行くことにした。


しかし今日は息子同伴。


実は、息子は明日から二学期が始まる。

で、昨晩のこと。

今日たまたま仕事が休みだった私に「夏休み最後の日に何か楽しいことを」という妻からの指令が下ったのだった。


私「よーし、明日はボートに乗ろう!初ボートだ!」

息子「いーね、ボート、ボート!ぼく乗ってみたい。」

私「自分で漕ぐボートだぞー。」

息子「ぼく漕いでみたい。」

私「よし、約束だ。明日はボートに乗ろう。」


不審に思った妻のひと言。

「それって、釣りじゃないの・・・(-"-)」


バレてる・・・(汗)。



当日。

勢いで強行。


浄土ヶ浜に到着し、ボートに乗る。

息子は最初ちょっと恐かったようだが、すぐに慣れた。船酔いもないようだ。

しばらくすると、持ってきたオモチャで遊んだり、釣りをしてみたり、お菓子を食べたり、ボート上で最後の夏休みを満喫していた。


さてさて、肝心の釣りの方はと言うと、

リリースかキープか悩む程度のムラソイ、外道王のカジカ、半端なサイズのリュウグウハゼなど、息子曰く合計9匹だった。

最低でも30センチが欲しかった・・・なぜ釣れない・・・。


もう何回ここでチャレンジしたんだろう。
5回くらいは行ってるかなぁ。

どうもボートが流されてしまい、やりたいポイントでじっくり釣りができないという悩みが毎回あるのだが、次回は何か特別な作戦を立てて行くつもりだ。リベンジ、リベンジ、リベンジーーー!

最低30、できれば40UPを狙いたいものだ。


【三陸岩手海釣り日記】
 

<<前の7件  1 2 3 4 5..  次の7件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。